年齢をみてびっくり

本日12月8日は、ジョン・レノンが射殺された日ということで記憶されて いるようですが、もちろん開戦の日でありますね。本日はいくつかそれに関する TV番組の放送があるようですが、もちろんほとんど目につかないところでひっそ りと行われているようです…

僕の人生であるか

本日は図書館から借りている「カタルーニャ語 小さなことば 僕の人生」を 走り読みすることになりです。 この本のあとがきで、田澤さんは末期がんのために余命いくばくもないと記して あったのですが、なんとかこの本を書き上げることができたとありました。…

一度リセットを

そういえば図書館から借りている本の返却期限が到来しました。このところ 借り続けている本は、まるで読むことができていなくて、これはいつまで借りて もだめであろうと思い、一度すべて返却してしまうことにです。また、そのうち 気分が向いたら、借りるこ…

モール書店で立ち読み

12月にはいりまして、そろそろ年末ギフトのおくりのためにセンターは混み 合うことになります。その前に、おくりを済ませてしまいましょうということで 本日は、その手続のためにモールにはいっているお店を訪れることにです。 おくるものは決まっておりま…

まるで覚えていない

いつまで上映しているのかはわかりませんが、最近は上映期間が短くなって いるようでありますので、読んでからみるかとすれば、早々に「月の満ち欠け」を 読んでしまわなくてはいけません。 この作品は岩波から元版がでたときに、市内の店に入っているのを見…

「本の小説」が一冊になったか

先日に新潮社「波」12月号が届きました。これの表紙は真っ赤っかでありまし て、そこには「文芸いろはかるたを作ってみました。北村薫」と白抜きで記され ていました。 表紙を飾るというのは、北村さんの本が刊行となるのだなと思っておりました ら、新聞広…

本日公開です。

このところずいぶんと大泉洋さんがTVにでてくるな(大泉さんは、年から年中 露出している印象はあるのですが、さらにです。)と思っていたら、これは彼が 主演する映画が公開されるためであるようです。 佐藤正午さんの小説を原作とする作品で、廣木隆一監督…

これは知らなかった

先日に立ち寄った老舗の大型書店では、赤染晶子さんの「じゃむパンの日」を 見つけて購入したのですが、そのときに、こんなのがでていたのかと、ちょっと 驚いて購入を決めたものがありました。 このシリーズについては、どういったらいいのでしょうね。本と…

街を歩いていたら本屋に

街歩きの楽しみは知らないまちを歩いているときに本屋を見つけて、そこに 立ち寄ることでしたが、その昔には普通にあったことが、最近はほんとにかな わなくなりました。 当方にすればまちが消滅しかけているのではと思うのですが、最近の若い人 にとっては…

思わずお土産に

野暮用で外泊をしておりまして、旅先で手にした今朝の新聞を手にしてどっと 驚くことになりです。思わず明日は新聞は休刊日であるのかと思ったくらいです が、新聞休刊日は月曜日に設定されているので、そんなことはないですね。 ということで、本日の読売新…

移動の車中で

本日は移動の車中でうとうととしながら、脇村義太郎さんの「東西書肆街考」 を読んでおりました。鹿島茂さんの「神田神保町書肆街考」を手にする前に、 脇村さんの本で予習をしておこうと思ったものです。 脇村さんも神田神保町界隈の地形などから始まって、…

コロナが沈静化したら祝勝会

佐藤正午さんの「書くインタビュー5」を手にしていましたら、新聞をみても、 競輪の広告に目がいくことです。同じギャンブルでありまして、スポーツ新聞以外 は競馬の重賞は大きく取り上げても、競輪はほとんど取り上げがないことです。 なかなか競輪はスポ…

祈りもむなしくで

来週に予定されていた宮本浩次さんの東京公演は、ファンの祈りも通じなかった ようで宮本さんの体調不良で、公演は延期となりました。ちょうど本日はチケット の発券日でありまして、発券を受けてチケットを手に、当日の座席を確認したとこ ろで、延期の知ら…

BLACK FRIDAYとなり

いつ頃からかネットを中心にBLACK FRIDAYということが言われるようになり、 この時期はネットショッピングサイトで割引商品が提供されて、購買意欲が刺激 されることになります。(もともとは感謝祭の翌日金曜日のことをいうのだとか) ということからはBLAC…

一夜明けてのこと

一夜明けて興奮はピークになりです。 といってもこれはサッカー話題ではありませんで、11月23日に発売となったCD のことであります。 23日の新聞には桑田新聞が折込3ページとなっていて、これには度肝を抜かれま した。さすがに日本のポップス王はすごいや…

四回目のワールドカップか

中東カタールでサッカーワールドカップが始まって、本日の夜はこのあといよ いよ日本とドイツの対戦となります。やってみなくてはわからないというものの きびしい展開になりますでしょうね。 このブログを始めたのが2007年でありましたので、そのあと2…

写真は大きいが文字は小さい

そういえば図書館から借りている本に、次のものがありましたです。 鹿島茂さんの「稀書探訪」平凡社でありまして、これは全日空の機内誌「翼の 王国」に連載したものをまとめたものなのだそうです。思いのほか連載が続いて 144回になったとあります。 当方は…

明日は返しに行こう

図書館から借りている本の返却期限をまたまた守ることができなかった。 週末に入って、休館日を挟んだものだから、これ幸いとばかりに、あわてて借り ていた本のページをめくることになりだ。 こういうのは読書とは言わないよなと思いながらも、どうやら次に…

本日は冬支度

例年この時期には庭じまいというか冬支度を行うことになりです。 枯れてしまった宿根草を切ってしまい、すこし大きくなりすぎた株などを スコップで削ってコンパクトにすることにです。花菖蒲とかフウチソウという のは株を小さくするのが大変でありまして、…

読まずに死ねるか

本日の新聞読書欄には、「つんどく本を開く」というのコラムがありました。 つんどく本というのは、当方の得意分野でありまして、この話題に関してであれ ば、当方にも「読まずに死ねない」といいたい本があることです。 本日にこのコラムに登場したのは菅啓…

週末の楽しみは

図書館から借りてているものや、つまみ読みしている文庫本などのページを めくりながら、週末を過ごすことにいたします。 一番に読んでしまわなくてはならないのは多和田葉子さんの「太陽諸島」で ありますが、はしやすめとして皆川博子さんの「随筆精華」と…

読めもしないのに借りて

読めもしないのに借りてと記しましょうと変換をかけましたら、嫁もいないの にとなりそうでありました。嫁もいないのに借りて違和感ありというのは、何で ありましょう。最近は、嫁なんて呼び方はしなくなっているのでありますが、そ れはおいておくとして、…

夜に設定作業を

野暮用から戻りましたら、先日に確保したLGスマホが届いておりました。 夕食を済ませてから、届いた中古スマホの設定をすることになりです。以前の スマホは韓国SKテレコム向けのデバイスで、今回のはUSA AT$Tに向けて出荷 されたものでありまして、古いもの…

日付がかわるまえに

本日は夜にかけてライブ参戦のために遠征をしておりました。 キャパ500人くらいのライブハウスで、オールスタンディングという高齢者 には厳しいものではありましたが、日頃のトレーニングの成果か、最後まで脱落 することなく開場待ちからすると3時間ほ…

ずいぶんと時間がかかった

図書館が休館であることをいいことに、現在借りている本の返却日を守らな かった。なんとか読んでしまおうという気持ちはあったのだが、一気に読むと いうタイプの小説でもない(あくまでも当方にとってのこと)ので、うだうだ として時間がかかってしまいま…

好事魔多し

旅行の疲れを回復するためには、すこし身体を動かす必要があるということ で、本日の午前にはトレーニングへと行くことになりです。ちょっと軽い目の 運動を70分ほど、汗をどっとかいて、すこし気分がすっきりとすることです。 今回の旅行より戻ってあれこれ…

夜に戻りました

二泊三日の修学旅行から夜遅くに戻ることになりました。幸いなことに三日 ともにお天気に恵まれて、箱根滞在中は富士山を眺めることができました。 これはうれしかったことです。 ずっと思ったよりも観光客が多かった(自分たちもそうなのですが)ですが、 …

箱根といえば

当方は関西派でありますので、箱根といわれても駅伝とは いいませんです。やはり、乗り鉄はロマンスカーと、スイッチバック ですよね。 本日もアルコールが入りましたのと、連日の強行軍で、すこしく くたびれです。これでお茶をにごすことにします。 おやす…

お上りさんで

高校クラス会での古稀修学旅行で、本日はお上りさんしています。 修学旅行でめぐったところをということで、はとバスに乗ったりです。 コロナのために二年遅れになりましたが、皆元気でよかった。 今回の旅行の持参本は、結局のところ佐藤正午さんの書くイン…

旅行の準備

高校のクラス会では四年に一度オリンピック開催の年に集まりをすることに しているのですが、皆がちょうど古希をむかえることになる2020年は、 修学旅行と称して、高校のときの修学旅行で利用した宿を再訪しようというこ とになりました。 その前年くら…