中国の秘境・謎の民か

 本日はお昼をはさんで体育館で1時間半ほど身体を動かし、戻ってからお茶

をのみながら、ぼーっとしてテレビを見ることになりました。

ちょうど中国の遊牧系の人たちが10キロの乗馬レースに挑むところをやって

いたもので、これは内モンゴルの人たちであるのか、スーホーの白い馬のよう

でありますなと感じました。

 もともとモンゴルの人々が話す言葉を聞き取れるわけではないので、この人

たちはモンゴル語を話しているのだよなと思っていたら、ナレーションと字幕

には、トゥバという文字がでてくるのでありました。

番組の名前には「謎の民」とあります。そうかこの番組でいうところの謎の民

というのはトゥバの人々でありましたか。

 モンゴル民族は居住していた地域が3つの国に分割してしまったのですが、

それよりもずっと人口は少ないのですがトゥバ民族もロシアとモンゴルと中国

に国が別れることになって、今にいたっています。

 このなかで一番数奇でありましたのは、1921年から23年間だけ独立国

であった「トゥバ人民共和国」でした。

当方がこのトゥバのことを知ったのは、田中克彦さんの本によってでありまし

て、そのあとに岩波文庫「トゥバ紀行」を読むことができたものです。

トゥバ紀行 (岩波文庫)

トゥバ紀行 (岩波文庫)

 

  この23年しか存在しなかった人民共和国は、ソビエトロシアが外モンゴル

独立させるのにあわせる形で、外モンゴルの一部をを削って独立させ、23年後に

「トゥバ人民の切望により」ロシア共和国の一自治州となって、人民共和国は消滅

してしまったのです。

 トゥバ民族はそういうわけで一度独立国家(?)を樹立したことになりです。

もちろんこの国家からはみだしたトゥバ民族もいまして、それが本日のTVで目に

した中華人民共和国エリアで生活する人たちです。(たぶん同様にモンゴルにも

いるのでしょう。)

 本日にこのTVを見ていて一番印象的であったのは、トゥバの家族三代の有り様

でありました。

 遊牧生活を続けていてゲルで暮らしている祖父母、この子ども世代は遊牧はし

ていますが、自動車を持つようになってモバイル通信をやるようになっています。

さらにその子ども世代で、優秀な孫さんは上海の高校に通い、この集落から初め

て大学へ進学することになったと紹介されていました。

年格好でいくと幼稚園児くらいの子どもが祖母のところにいって、祖母が孫に

一緒に歌を歌おうと、トゥバにつたわる古謡を教えようとするのですが、孫は

まるでそれに興味を示さないどころか、トゥバの言葉自体になじんでいないの

でありました。(これは明治期の北海道におけるアイヌ民族への教育に同じで

あります。)

 そういえば、中国での学校教育では中国語しか教えないのでありますからし

て、ある意味ロシアよりも少数民族は生きにくくできているようであります。

ブックオフから行きつけの店へ

 本日は家人の足の確保でありまして、用事を足している30分ほどの間、近く

にありますブックオフで過ごすことになりです。30分でワンコイン一本勝負と

なりますが、まずまずの収穫でありました。その後に行きつけの本屋にも足を

伸ばしたのですが、うーむ本日は良い一日となりました。(これは午前に書き込

みをしてもらったからでありましょうか。)

 本日の待ち時間も含めて読んでいたのはブックオフで購入した文庫本でありま

した。

昭和史のおんな (文春文庫)
 

  澤地さんのものはほとんど読んでいないのですが、気になる女性でありまし

て、本日は文春文庫で半藤さんのものがないかと見ていたら、こちらのほうが

目にはいりました。

 この文庫本は、昭和期において話題になった女性たちを取り上げています。

最近のようにTVワイドショーがありましたら、連日に話題を提供することにな

りましたでしょう。

 最初に取り上げられているのは、画家の東郷青児さんと女性たちであります。

東郷青児といえば、女性で一番有名なのは宇野千代さんでありますが、もちろん

宇野さんはそのなかのお一人でありまして、そのほかにも後に奥さんになられた

人とか、最初に結婚された人とか、東郷青児さんはそんなに魅力があったのかと

いうのが、当方の疑問でありますけれど、澤地さんが魅力を感じる女性たちが

戦前の姦通罪があった時代に東郷にぞっこんになったわけですので、相当に魅力

があったのでありましょう。

 この東郷青児の章には、次のようなくだりがあります。

「戦争が激しくなって、新聞が世俗の記事を書くのをひかえるようになるまで、

昭和の時代だけをとってみても、心中、情死の報じられない日はないといって

いいくらい、恋愛の不毛な試練の時代がつづいた。

 男満三十歳、女満二十五歳になるまでは、結婚は父母の同意(あるいは後見人、

親族会の同意)を必要とした。新聞繰っていて、時代相というべきものを感じる

のは、兵士の脱走・自殺事件であり、家柄や身分の差を理由に結婚を阻止され

た男女の情死事件である。」

 TVとかネットというメディアがなかった分だけ、こうした話題は新聞を賑わせ

たのでありましょう。

 澤地さん自身が、今でいきましたらダブル不倫というような関係に陥って、そ

のことを自分で書いていて、澤地さんのもので当方が読んだ数少ないものが、

それを記したものでありました。

 本日は、ほかにも買ったものがありましたが、それはまたあしたにでも。

 

長生きすると

 あまり長生きしますと学者さんなどの場合は、弟子たちのほうが先に亡く

なったりしまして、ご本人が亡くなった時には、追悼してくれる人がいなくなる

のではと心配したりです。

 今月10日に言語社会学者の鈴木孝夫さんがお亡くなりになったと報道されて、

これだけの人でありますからして、すぐに追悼文が新聞に掲載されるのではない

かと思っていましたが、これがなかなか目にすることができずで、そうなのかな

と思っておりました。

 先日に地方紙の投書欄に60代男性かが鈴木孝夫先生に教えられたというような

内容のものがありまして、その方は肩書もなく、インテリ風の仕事についている

ようではないことから、驚いて読んだものです。(ほとんど覚えていないのです

が、このような内容の追悼文こそ、新聞の文化欄に載せるものでありましょう。)

 そんなことを思っていましたら、遅ればせで昨日の朝日夕刊に慶応大学教授

井上逸兵さんが追悼文を寄稿していました。

 当方と同年代の人であれば、ほとんど一度は鈴木孝夫さんの本(とりわけ有名

な「ことばと文化」)を手にしたことがあるでしょう。その射程距離はとっても

長く、しかも正確でありました。

 当方はほとんど親しむことはなしに終わってしまったのですが、2019年7月に

放送となったNHK「チコちゃん」に鈴木孝夫さんが登場してびっくりとした記憶

があります。

 今回の新聞に追悼を寄せている弟子筋にあたる方ですら「先生の論考を一つに

まとめることは難しいが」と書いているくらいでありまして、この時代にあって

も、読みつがれる著作を残されたのでありましょう。

ことばと文化 (岩波新書)

ことばと文化 (岩波新書)

 

  鈴木孝夫さんについて、当方の記憶に残っているのは慶応医学部予科から

文転して慶応文学部で英文学専攻したことでしょうか。この時の医学部予科

というのが徴兵を遅らせるためのものであったのかどうかわかりませんが、

最近の猫も杓子も成績がよければ医学部目指すという風潮を鈴木さんはどう

見られていたでありましょう。

本日はサンヨツでした

  本日に手にした新聞一面のサンヤツ広告は、ふだんとがらっと違っていて、

サンヨツと倍のスペースになって、そこにコミックがずらりと並んでいました。

これは見慣れていないせいもあって、新鮮でありました。ここに並んだ版元は

小学館秋田書店KADOKAWA集英社の四社となります。

 ほとんど書店へといってもコミックの棚の前には立つことがありませんので、

最近のコミック事情にはまったく疎くて、こういう広告でも目にしなくては

出ていることすら知らずに終わったでしょう。

 当方が、コミックで新刊で購入したものといえば、ちくま文庫に入ったもの

などを除くと、高野文子さんのものくらいでありました。

 本日の広告では、これにびっくりです。 

高丘親王航海記 I (ビームコミックス)

高丘親王航海記 I (ビームコミックス)

 

  

高丘親王航海記 II (ビームコミックス)

高丘親王航海記 II (ビームコミックス)

 

  ほんとこんなのがでていたのか。この広告には、次のようにキャッチがあり

です。

「偉才・澁澤龍彦の遺作を、近藤ようこが奇跡の漫画化!

 幻想文学史上に屹立する巨峰を、果敢なる漫画家が端正で妖しく描き尽くす。 

 渾身のコミカライズ。」

 近藤ようこさんというと、当方もちくま文庫にはいった「小栗判官」を購入

したことがあります。あの方が、このようなものを発表しているとはです。

これはどこへと行けば手にすることができるのでありましょう。それにしても

「高丘親王航海記」をコミックにするというのは、ずいぶんと思い切ったこと

であることです。

ホームセンターのワゴンに

 先日に近くにありますホームセンターへと行きましたら、在庫処分で放出

された本がおかれているワゴンがありました。主に実用書が中心で、あとは

ちょっと古い目の英語の辞書などでありますが、当方の目にはいりましたの

は、黄色い背表紙の文庫本三冊でした。その三冊はいずれも同じ本であった

のですが、このようなワゴンでこの文庫本を見たことがなかったので、なか

なか大変なことと思いました。

 ちなみにそのワゴンでの値付けは、最近すこし値が高くなっているブック

オフの新刊ものよりもちょっと安いくらいでありました。これからはどんどん

とこういうところに放出されるのでありましょうか。

 そういえば、先日に新刊本屋で買おうかどうしようかと迷いに迷った本に

ついてであります。(結局は古井由吉さんの「われもまた天に」を購入したの

ですが)

 それは次の二冊です。まず最初の一冊。

小説

小説

 

  これまで読んだことがあるようなないような増田さんであります。間違いな

しで文庫になった作品は持っています。何年ぶりかで小説集をだしたことが話題

となりです。この方が芥川賞にノミネートされたときは、ずいぶんとレベルが

高かったか、それとも委員との相性がよろしくなかったのか、最多のノミネート

であったのに受賞することがなかったということで有名でありました。

 久しぶりのこの新作小説集の前に、手持ちの作品を読んでしまわなくてはです。

 もう一冊は、これはどこかで借りて読めないかと思ったものです。

じい散歩

じい散歩

 

  これまで何作も読んではいないのですが、藤野さんの作品世界は好きで

あります。主に図書館から借りて読んでいるのですが、藤野さんのカミング

アウト小説は、シリアスなことをユーモアたっぷりに描いたトランスジェン

ダーな世界を描いていて、気に入ったのであります。

 今回の作品も私小説ではないものの作品の枠組みは、自分の家族に寄せて

いるようでありまして、藤野さんが描く家族のことには興味がわくのでありま

す。

  いまほど図書館蔵書検索をしましたら、予約して待っているひとが5人いる

ということですので、そこそこ藤野さんのこの作品は興味を持たれていること

がわかりました。半年もしましたら、落ち着いて借りることができるように

なるかな。

vzf12576.hatenablog.com

 

編集ども集まれ! (双葉文庫)

編集ども集まれ! (双葉文庫)

 

 

 

牛に引かれて

 本日は午前に散歩にでて、午後からは体育施設へとでかけて運動をしてみる

ことになりです。もともとは家人の足の確保のために、施設までは行っていた

のですが、当方はそのまま送り届けて戻っておりました。

 今月になってこの施設利用を無料で出来るようになったものですから、家人

にならって、当方もお試しで利用してみることになったものです。家人はプール

で、当方はジムでマシンを使って体幹を鍛えてみることになりです。

 本日はお試しでありましたが、これは継続してできるようになるでしょうか。

めでたく1年続きましたら、すこしは腹回りも細くなると思うのですが、来年の

今ころは、どうなっていますか。(早々に辞めないよう、ここに記しておくこと

にしましょう。)

 そんな一日となったこともありまして、これまでのところまるで本が読むこと

ができないことになっています。これはいかんということで、このあとはすこし

本を手にすることにします。

 なぜか小沢信男さんの「東京骨灰紀行」であります。小沢さんの70代は山下清

についての本を発表し、80代に入っては「東京骨灰紀行」でありました。どちら

筑摩書房からで、担当の編集者は長嶋美穂子さんであります。

「東京骨灰紀行」(2009年)のあとがきには、次のようにあります。

「長嶋さんには旧著『あの人と歩く東京』(1993年)の編集いっさいを手がけて

いただき、ほかにもなにかとお世話になり、文筆の仕事は、つくづく編集者との

共同制作でありますなぁ。このたびも、全行程をまず長嶋さんにご同道いただき

ました。」

 筑摩書房とは、松田哲夫さんから長嶋美穂子さんとリレーされたのですが、

その長嶋さんも、違った業界に転出されて今にいたっているわけであります。

転出された初めの頃の長嶋さんは、小沢さんの作品を自ら脚色して演じていたの

でありますね。

浪花節で生きてみる!

浪花節で生きてみる!

  • 作者:玉川 奈々福
  • 発売日: 2020/12/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

 

気温差二十度かな

 本日の当地の最高気温は1.5度とのことです。昨日よりも5度以上低くなり

ました。午後に関西に住む子どもと顔を見ながら話をしておりましたら、こ

ちらは暑くてといっていました。二十度はあるよといって、最近お気に入り

のNiziUの歌を歌いながら、なわとびダンスを見せてくれました。一昨年は

パプリカでしたが、昨年末からはNiziUが子どもたちにははやりであるよう

です。

 いつもでしたら、3月から4月にかけては関西へと遊びにいくのであります

が、10年近くも続いていた習慣は、昨年から途絶えてしまっています。行く

ことが出来ない間に、いろいろと変わったこともあるでしょうに。(ほとん

ど本屋などに関することにしか、興味はないのでありますが。)

 昨日にブックオフでは中村真一郎さんの小説を購入したのでありますが、

これは亡くなるまで手掛けていた作品で、結局は未完となったのですが、

そのままで刊行されることになりました。

老木に花の

老木に花の

 

  中村真一郎さんの小説はいくつも読んでいないのでありますが、頼山陽

蒹葭堂、蠣崎波響の三部作は読まなくてはいけないと思って、蒹葭堂のみは

図書館より借りて読むことができ、他の二冊はすでに確保して、いつでも読め

るぞと思っています。

 中村さんといえば、性愛文学でありまして、岩波新書にはいっている回想に

あったのでしょうか、ずいぶんと女性との交友関係もお盛んであったように

記憶しています。実践でそうなのですから、作品にもそうした世界は反映して

いて、中世を舞台にしてエロティックな小説作品に取り組んでいました。

 この「老木に花の」は、ほとんど79歳くらいのときに書いていたものですか

ら、70歳になるかならないかで枯れていてはいかんのですよ。

 まだまるで読めていないのですが、その「小序」という導入部で作者は次の

ように書いています。

「実はここだけの話なのだが、この十世紀に近い昔の、物語作者の綴った絵空

事が、八十翁の衰老の私には私自身の願望のある秘密に触れ、私自身の私小説

とも感じられる部分をも含んでいたので、時々、現代訳の途中でひそかに微笑ん

だり肝を冷やしたりしながら、大いに筆がすすんだものである。」

 この作品は、もともとは王朝物語として残されている「老木の花の」という

長編小説を欠落を想像で補って、現代語訳したという仕掛けになっているので

すが、「暫く八十翁と七十媼との、世に珍しい愛欲の日々の叙述が展開したと

想像される」とありまして、思わずほんまかいなです。

 年齢を重ねることによって性愛文学に関心が向くようになるのでありましょう

か。昨日は中村さんのこの本とあわせて、これまた重鎮が70代後半に発表した

著作を買うことになりました。

谷沢永一性愛文学 (ロング新書)

谷沢永一性愛文学 (ロング新書)

  • 作者:谷沢 永一
  • 発売日: 2007/10/01
  • メディア: オンデマンド (ペーパーバック)
 

  谷沢さんはあとがきで「何時かは書いてみたいと念じていたテーマ」と記し

ています。まだ若いときに学術論文で「文学研究の前提となる生知識の問題」

というのを「国文学」(昭和38年8月号学燈社)に発表しているのですから、

谷沢さんも年季の入り方が違うことです。