僕の人生であるか

 本日は図書館から借りている「カタルーニャ語 小さなことば 僕の人生」を

走り読みすることになりです。

 この本のあとがきで、田澤さんは末期がんのために余命いくばくもないと記して

あったのですが、なんとかこの本を書き上げることができたとありました。そのあ

とがきが書かれてから何ヶ月もしないでお亡くなりになったのですから、まさに残

された時間との勝負でありました。

 田澤さんは大学を卒業してから当時の東京銀行に勤務して、行内の選抜に通って

スペイン語の語学研修に派遣され、それが機となって、語学の専門家を志して、銀

行を退職し、外国語大学大学院に入学するという転身をするのでした。

 今は無くなってしまった東京銀行ですが、当方の世代にとっては外国為替を得意

とする銀行で、外国に強いという有力銀行の一つでした。行員で一番有名であった

のは、パリ支店に勤務していた窪田啓作さんでありまして、いまも流通している

カミュの「異邦人」の翻訳者で、フランスへと留学した文学者たちは、ほぼ皆が

世話になったのではないでしょうか。

「九月二十九日(火)。晴。午前中、フォープール・サントノレなる東京銀行支店に

窪田啓作君を訪ふ。旅行者チェックをフランに換へる。二百ドルにて九百七十フラン。

わたしは東京出発以来髪を刈ったことがなかったので、ちかくの床屋まで窪田君に

案内してもらふ。」

 上に引用したのは石川淳「西游日録」でありまして、日付は1964年であります。

まだまだ海外にわたるのは大変なことでしたが、そんな時に東京銀行はある人達には

大使館以上に心強い存在でありましたね。

 田澤さんが東京銀行に就職したのは1970年代の半ばくらいですが、東京銀行

ブランドは、海外にでている日本人にとっては、まだまだ存在感がありましたで

しょう。

 ところが、田澤さんは銀行員としての出世よりも、じぶんの語学への興味を優先

してあっさりと銀行を辞めるのですから、なかなかこれはできることではないこと

です。

 しかも、なんとかそれを軌道にのせて、カタルーニャ語の専門家になるのですか

ら、これは興味深いことであり。

 

一度リセットを

 そういえば図書館から借りている本の返却期限が到来しました。このところ

借り続けている本は、まるで読むことができていなくて、これはいつまで借りて

もだめであろうと思い、一度すべて返却してしまうことにです。また、そのうち

気分が向いたら、借りることにしましょう。

 いつも借りる時には、なんとか読むことができそうなものを選ぶのであります

がね。積読となっているものとか、新刊との競合がありまして、思うに任せない

ことです。

 本日に借りたものは、まるで脈絡のない、次の三冊であります。

 温又柔さんの小説集となります。温さんの小説は好みでありまして、図書館に

ありましたら、借りるようにしています。前作の「魯肉飯のさえずり」を読んで

いいなと思いました。この作品は、読み返しましょうと思いながら、そのままに

なっているのですが、たしか、この場でも話題にしたはずであります。

温さんは1980年生まれとありますので、当方の子どもと同年生まれでありまして、

作中に父親などが出てくるとすれば、当方と年代が近いのであるのかなです。

 「魯肉飯のさえずり」がよかったので、すこし期待することですが、こちらは

趣が違うようでありです。

 あとの二冊は、次のもの。

 進駐軍慰問について書いたものですが、タイトルに「演芸史」とありますよう

に音楽以外の、奇術とか神楽などにテーマを絞っての著述です。(最後の章にす

こしだけ音楽分野を話題としています。)

 当方が生まれたのは占領時代でありましたし、高校時代を過ごした町には米軍

が駐留していましたので、進駐軍というのは、けっこう身近な存在であったので

すよね。進駐軍というのは連合国で、当方の高校時代に駐留していたのは米軍で

あったのですが。

 脈絡なしでの三冊目は、これです。

 カタルーニャといえば、当方の世代にはオーウェルカタロニア讃歌」であり

ますね。スペインでも独自の文化を持つ地域でありまして、スペインからの独立

の動きもあると知ったのは、最近のことです。

 この本のあとがきを見ましたら、田澤さんは病気に侵されているとありまして、

余命いくばくもないような感じです。あらまと思って検索をしてみましたら、この

本がでてまもなくお亡くなりになったとありました。

 この本は、小さな言語に魅せられた田澤さんの遺著というよりも遺言書の趣の

ようであります。

モール書店で立ち読み

 12月にはいりまして、そろそろ年末ギフトのおくりのためにセンターは混み

合うことになります。その前に、おくりを済ませてしまいましょうということで

本日は、その手続のためにモールにはいっているお店を訪れることにです。

おくるものは決まっておりまして、家人が手続きをしている間、当方は書店で本を

見ることになりです。

 モール書店は品揃えがよろしくはないのですが、それでもすこしは新刊が並び

ますので、ちょっとした目の保養にはなります。

 本日に新刊で手にしたのは、気になっていた北村薫さんの「水 本の小説」で

ありますが、これに収録の作品は「波」に初出のときはタイトルは違っていたは

ずだよなと思いながら、昨年の「波」をチェックすることができていなくて、こ

れは明日以降の宿題ということになりです。

 本日は立ち読みの日でありましたので、本を買うことはなかったのですが、時間

が許せば、一冊くらいは読んでしまいそうな感じでありました。

 本日立ち読みしていて、この本のことは全く知らなかったというのは草思社文庫

からでたものでありました。

 せっかくですから、草思社のページにあるこの本の紹介文を、貼り付けておき

ましょう。

「郵便配達員として働きながら、6年がかりで東大に合格。仕事も続けつつ

『学び直し』に挑んだ中年男性の前代未聞の実話! 草思社文芸社W出版賞

 金賞受賞作品。」

 このようにありますので、文芸社から自費出版したものが、この文庫本の元に

なっているようです。なかなか文芸社からでたものは、手にする機会がありません

ので知らなくとも不思議ではないですね。

 ちなみに41歳で東大に合格した人はといえば、次のようなプロフィールだそう
です。
「小川和人 1956年、千葉県市川市生まれ。1980年、明治学院大学社会学部社会
学科卒業。証券会社勤務、学習塾講師、教材制作会社勤務を経て、1988年、江戸川
郵便局集配課(現日本郵便株式会社)勤務。
1997年、東京大学教養学部文科Ⅲ類入学。
2001年、東京大学文学部思想文化学科(インド哲学仏教学専修課程)卒業。
2016年、日本郵便株式会社定年退職。東京都江戸川区で育ち、結婚後、東京都
豊島区(西池袋、目白)で暮らし、現在は神奈川県川崎市麻生区在住。趣味は
内田樹氏の本を読むこと、映画鑑賞、野球観戦、競馬観戦、東京ディズニー
リゾートで一日を家族とのんびり過ごすこと。家族は妻と子ども二人(男)、
孫一人(女)。」
 この方は、郵便局で集配の仕事をしながら、受験勉強をして何度か落ちたあと
に、見事東大に合格したとあります。この本を読んでみたら、どのように仕事と
学生生活を両立したのかわかるのですが、本日の立ち読みでは、そこまでたどり
つかずです。
 それにしても、大学を卒業してからも郵便局で集配を続けていたようでありま
すので、これが一番の驚きでありました。学ぶというのは立身出世のためでは
ありませんですね。
 なかなか興味深い人であります。
 

まるで覚えていない

 いつまで上映しているのかはわかりませんが、最近は上映期間が短くなって

いるようでありますので、読んでからみるかとすれば、早々に「月の満ち欠け」を

読んでしまわなくてはいけません。

 この作品は岩波から元版がでたときに、市内の店に入っているのを見つけて購入

して、さーっと読んでいるのでありますね。この場では、購入してすぐに読み、そ

れを読み返していると記してあるのですが、まったくお恥ずかしいことでありまし

て、どのような小説であるのか、ほとんど覚えていないのですよ。

 覚えているのは、最初のシーンが東京駅であるということくらいで、あとは八戸

が登場したなということでしょうか。

 2017年7月くらいには、この小説の主人公が八戸出身であったりしても、そうな

のかと思っただけですが、その後にあれこれと情報が入ってくることによって、

八戸というのは、この「月の満ち欠け」の担当編集者 坂本さんの出身地であり、

そのほかにも、作中の主人公の属性には、坂本さんのものが投影されているのが

わかりました。

 これは坂本さんが会社で出世して、そのことがメディアで取り上げられたことに

よって知られるようになったのですね。 

 坂本さんは大学を終えてから、石油元売会社に就職し、どうしても出版に関わる

仕事をしたいということで、転職し(岩波しか採用してくれなかったと、ご本人は

語っています。)、営業職についたあと、念願の編集者となったとのことです。

 作中の主人公 小山内さんは、次のように書かれています。

「小山内堅は青森県八戸市で生まれた。高校まで地元八戸で過ごすと、東京の私大

へ進学して、きっちり四年間、大学生活を送った。そしてさほど就職活動に熱を込め

たわけでもなく、面接試験であっさり拾われ、四年生の秋には内定をとりつけていた。

 就職先は石油元売りの、中堅どころの企業である。」

 作中に通っている大学は池袋駅からとありますので、これも坂本さんにかぶります

ですね。ということは坂本さんの前職の石油会社というのは製油所の場所からし

アポロ会社なのかな。

 そんな小説の本筋とは無関係のところを楽しみながら、読み進めています。

 そういえば、岩波現代文庫からでた「小説の四季」は奥付けの著者には佐藤正午

あって、発行者は坂本政謙とあります。まさか、このような日がこようとは、お二人

ともに思ってもみなかったことでしょう。

 

 

「本の小説」が一冊になったか

 先日に新潮社「波」12月号が届きました。これの表紙は真っ赤っかでありまし

て、そこには「文芸いろはかるたを作ってみました。北村薫」と白抜きで記され

ていました。

 表紙を飾るというのは、北村さんの本が刊行となるのだなと思っておりました

ら、新聞広告にも「水 本の小説」が刊行となったとありました。 

新潮「波」12月号と新聞広告

 北村さんの「本の小説」は、昨年の6月くらいに、この場で話題にしておりまし

て、そのころから「波」で連載が始まったはずです。あまり連載物を継続して読む

ということはないのでありますが、この北村さんの小説は話題の宝庫でありまして、

ずいぶんと使わせていただきましたです。

vzf12576.hatenablog.com 今回の「水 本の小説」には七編が収録されたとのことです。「波」に連載のも

のがまとまったとすれば、全部読んでいるはずでありますが、さて、どのようなお

話でありましたでしょう。

 新聞広告のコピーとなっています江國香織さんのキャッチは「波」12月号に寄

せた文章から切り取られていました。

 ちなみに江國さんのこのキャッチを引用しますと、次のようになります。

「この本が特別なのは、著者の記憶と同じ比重、同じ鮮烈さで、いまはもういない

岸田今日子の、團伊玖磨の、小沢昭一の、芥川龍之介の記憶が息づいているから

だ。記憶は個人のものだけれど、この本のなかで、それらは個人を越え、時代も

場所も越えて地下水脈みたいにつながっている。そのことが心愉しく、心強い。」

 単行本になったのを機に、再読してみたい気分になりますが、この「本の小説」

を読んで、当方は北村さんの「中野のお父さん」シリーズを読むことになったの

だよな。

 

本日公開です。

 このところずいぶんと大泉洋さんがTVにでてくるな(大泉さんは、年から年中

露出している印象はあるのですが、さらにです。)と思っていたら、これは彼が

主演する映画が公開されるためであるようです。

 佐藤正午さんの小説を原作とする作品で、廣木隆一監督による「月の満ち欠け」

でありますね。佐藤正午作品による映画は「鳩の撃退法」以来でしょうか。

「鳩の撃退法」は、ひどく入り組んでいてある意味難解な小説でありましたので、

あれを映画にするのはとてもたいへんであっただろうと思うのですね。映画を見て

も、「鳩の撃退法」というのは、そういう小説だったのかと得心がいかないので

ありますから。

 それと比べると、「月の満ち欠け」のほうが短いこともあって、構成は入り組ん

でいないかもしれません。それでも決して一読してすっと頭に入ったりするわかり

良さはないですね。

 この作品をどのようにして映画に仕立てたのか、それに興味がいきますね。

それこそ、昔の宣伝文句でありましたら、「読んでから見るか、見てから読むか」

でありますが、あの小説は最初に一度読んだっきりで、岩波文庫的ということで

文庫になったときも、早々に確保したのですが、そのままほっておかれているも

のな。

 最近に「書くインタビュー5」を読んだこともあって、これを機に「岩波文庫

的 月の満ち欠け」を読むことにいたしましょう。


www.youtube.com

これは知らなかった

 先日に立ち寄った老舗の大型書店では、赤染晶子さんの「じゃむパンの日」を

見つけて購入したのですが、そのときに、こんなのがでていたのかと、ちょっと

驚いて購入を決めたものがありました。

 このシリーズについては、どういったらいいのでしょうね。本という形にはなっ

ていなくて、小説などが印刷された紙が、そのままでまとめられているというもの

で、これを購入された方は、ご自分で製本されて、思い思いの表紙をつけて楽しん

でくださいという感じなのです。

 そんなことできるわけないでしょうということで、当方は輪ゴムでとめて読んで

いるのですが、この版元の目論見では、これを専用バインダーに綴じ込んで自分だ

けのアンソロジーを作ってみてくださいということのようです。

 版元ではこれを綴じ込んだアンソロジーも販売しているとありましした。

ポケットアンソロジー | 田畑書店

 これまで、当方のアンテナにかかってこなかったということは、あんまり売れて

いないのかな。面白いのですが、けっこう手間がかかりそうでありますからね。

 当方が購入した作品は、後藤明生さんの「しんとく問答」上下と「疑問符で

終わる話」でありますが、一袋330円ですので、しめて990円でありました。

 後藤明生さんの「しんとく問答」は当方の一番好きな作品でありまして、これ

が文庫で読めないのは、相当に残念なことと思っておりますので、文庫サイズで

製本されてはいなくても、印刷された形で読むことができるのは、たいへんうれ

しいのであります。

 最近、後藤明生さんの作品は入手困難なことから、値段があがっているのです

が、このポケットアンソロジーというシリーズには、後藤さんの娘さんがセレクト

した作品がリフィル(と呼ぶようです。)となってセット販売されていました。

田畑書店のページによりますと、以下のとおりです。

  後藤明生 松崎元子 選【娘が選ぶ父の短編ベスト5】 ¥1,650 (税込) 

   作品リフィル6篇と選者松崎元子さんの解説を収録

   □収録作品リフィル
    疑問符で終る話
    道
    夢かたり
    宝船
    しんとく問答(上)
    しんとく問答(下)

 後藤明生さんの娘さんは、アーリーバード・ブックスを主宰されて、いち早く

後藤さんの作品を電子書籍化されたのですが、やはり印刷された形で読みたいで

すよね。

 後藤明生さんはアーリーバード・ブックスとつかだま書房のおかげで、今の

ほうが人気が高くなっているようです。