軽井沢も暑いのかな

 ここ何日か最低気温が20度を上回っていまして、このようなことは初めてで

あります。涼しさが売り物の当地でありますが、今年は軽井沢よりも暑くなっ

ていそうです。

 とはいってもオリンピックの競技が行われている近くのまちよりは5度以上は

気温が低いようです。盛夏の東京でマラソン競技とは何を考えているのかという

ことで、すずしい北海道のまちで開催することにしたというのに、なんという

皮肉でありますか、いつもの東京よりも暑いくらいでして、選手は大丈夫である

のか。そうこういっていても、あと何日かで前半の大会はおしまいで、このあと

もう一つの大会が待っていますが、どうなりますでしょうね。

 宇能鴻一郎さんの小説をちびちびと読んでいるのですが、この方と図書館とは

相性がよろしくないようでありまして、この町の図書館の蔵書検索で宇能さんの

名前を打ち込みましたら、アンソロジーにはいっている作品がヒットしましたが、

あとはまるでなしで、別名で書かれたミステリ作品がいくつかありました。

同じような色合いの作品を残していても、谷崎は図書館蔵書で、宇能さんはだめ

でありますか。

 宇能さんの著作で、中公文庫に入っている「味な旅 舌の旅」を入手すること

ができました。今でありましたら、まだ安価で販売されていますが、これも間も

なく高値になるのでありましょう。あまり煽らないほうがよろしいですが、新潮

文庫を買って驚いた人は、たぶん次にこれにいくのでしょう。

「味な旅 舌の旅」は交通公社から刊行された「味覚風土記」とあります。

目次をみて北海道のものはないのかと思いましたら、巻頭におかれている「千石

漁場・名残の浜鍋」というのが小樽を訪れるものでありました。

 この小樽編を読んでみますと、宇能さんがあまりにもまともなインテリである

ことに驚いてしまうことです。すくなくとも、この小樽編にはエロもマゾもない

のですからね。

「日本人が、合理的な船を作れなかったことを、人はよく幕府の鎖国のせいにする

が、ぼくはむしろ、国民性の問題だと思う。・・北海道の海辺にうつっても、『海

を見晴らす座敷で暮したい』といった、内地の生活感情から抜けきれない、合理的

精神を重んぜず、勇気を自虐的な形でしか表現できない、日本人気質のせいである。

これは言うまでもなく、合理的勇気がもっとも必要とされる海上の生活に、およそ

反対の性格なのだ。」

 このくだりの前には、北欧の漁家の船や住宅のことが記されていて、それと比し

て、日本人気質が話題になるのですが、そのとこでは「囲炉裏で体を乾かしたあと

はお互いの体温で寒さをしのぐだけだったヤン衆の生活環境は、あまりにみじめで

ある。」とありまして、「内地の生活環境から抜けきれない」網元・親方とヤン衆

のみじめな生活のコントラストに思いいたるのでありました。

景気づけになるか

 このところは手持ちの本を何冊か読んでおりまして、それで手一杯である

にもかかわらず、図書館へと行きまして新刊本の棚の前に立ちますと思わず

手が伸びて借りることになってしまいます。

 どうせ読めないだろうなと思っていても、景気づけのようなことでありま

すか。パラパラとページをめくって、この場で話題にできましたら、めっけ

ものです。

 つい最近までまったく知ることのなかった作家さんが、皆川博子さんであ

りまして、図書館のおかげで著作を手にすることができました。

このようなベテラン作家がいることを知らなかったのは、本当に恥ずかしい

のでありますが、いまだ小説は読むにいたっていなくて、日下三蔵さんが編集

した書評、解説集を楽しんで読んでいるところです。

 先月にその続編がでて、これが図書館に入っていたものですから、ありがた

く借りることになりました。 

  小説作品については、何冊もの集成があるのですが、これが長い作品が多く

て、とても読むことができそうにないので、読むのはもうちょっと待ってくだ

さいです。

 皆川さんが推している作品や解説を書いているものを見て、皆川さんの小説

への傾向と対策であります。

 この本は、親子ほども歳が違う編者日下三蔵さんの皆川博子さんへの尊敬あ

ふれる随筆選でありまして、日下さんのあとがきには、次のようにありました。

「本書には、皆川さんの書いた解説、書評、推薦文を可能な限り蒐めたつもり

だが、まったく洩れがないとは言い切れない点である。いや、恐らくかなりの

収録洩れがあるのではないだろうか。

 とはいえ、本数にして70篇以上、330ページに及ぶ本書は、小説が好きで好き

でたまらない作者が、小説の神に宛てて出した恋文を凝縮したような一冊と

なっているはずである。一気に通読するのが困難なほどの密度だが、編者にとっ

ては折に触れて何度も繙きたい、まさに偏愛の宝物だ。」 

 

 

図書館へといって

 先週に返却期限が過ぎていた本の借り換えなどのために、図書館へと足を運ぶ

ことになりです。今回借りはしなかったのですが、図書館にあることがわかりま

したので、その本をあわせてのぞいてみることになりです。

 このところ手にしている宇能鴻一郎さんを取り上げている平松洋子さんの「野蛮

な読書」という本であります。この本は、数年前に安価で入手して、その時にこの

場で話題としたのですが、物置に移動したと思われるものの、これが見つからない

のです。持っていても見つからないのではないのと同じですね。情けないこと。 

  当方が入手したのは元版ですが、これは文庫になっているのですね。

宇能さんについての文章だけ、本日は立ち見することにしました。これの書き

だしのところで荒川洋治さんの「ラブシーンの言葉」からの引用で始まって

いるとは思わなかったこと。 

  本当に次から次に忘れていることでありまして、これだから何度も楽しむ

ことができるのでありますね。

 平松洋子さんの文章を見ていましたら、先日にqfwfq様からご教示いただき

ました栗本薫さんによるアンソロジー「いま、危険な愛に目覚めて」(集英社

文庫)への言及もありました。(これは普通に入手することができるのかな。)

  ということで、本日もちびちびと宇能鴻一郎さんの新刊文庫本から小説を読む

ことになりです。

 

突然オシャカに

 このところのTVは運動系の番組ばかりが目について、当方が好むゆるくて

毒にも薬にもならないものは、しばらくお休みとなっています。

 こういうときには、録画した番組を見るにかぎると、レコーダーの電源をい

れましたら、なんと電源ははいって起動エラーであります。リセットをかけて

もだめでありました。

 そもそもだめになったからというのをいただいてリセットをかけてみたら、

普通に使えるので重宝してBS系の番組を録画してためこんでいたのですが、

映画とかヒロシがでる番組や音楽番組のカバーズとかサウンドインSなどが、

みなとんでしまいました。これは残念なりです。ブルーレイにコピーすると

本体から削除されてしまって、再生するのに一手間かかるものですから、

面倒がっていたのが、残念な結果をうみました。

 HDDレコーダーというのは、このようなリスクがあるということを認識

しなくてはいけないですね。

 大事な録画は、二台のレコーダーで同時に録画して、一台は本体に、もう

一台のほうはディスクにコピーして保存というのがいいのであるかな。

 本日もあれこれと忙しいことになりです。ちょっとくたびれで、本を開く

とすぐにうとうととしてしまいます。

 宇能鴻一郎さんの作品の一つを読もうと思いながら、すこし苦戦です。とり

あえず、「鯨神」を読まなくてはと思っていまして、半分ほど読みました。

この作品は芥川賞を受けたものですが、これはいたってまともなもののよう

でありまして、宇能さんでなくとも書きそうな作品でありますね。 

 

予想外の展開に

 昨日からの展開でありましたら、本日は宇能鴻一郎さんの小説を読むことに

なるはずでありましたが、なかなか思うに任せないことでありまして、このとこ

ろ手にしている高野悦子さんの本に書かれているような話となりました。

「順調だった母が十月三日、突然発熱した。老人の三十八度五分は大変な高熱だ。

三十七度の肺炎で死ぬこともあるから慎重に処置しなければならない。すぐに集

中治療室に入院した母は三日後、前回と同じ大きな個室に移った。」 

  上の引用したのは1988年のくだりで、この時、高野さんのご母堂は92歳で

あったとのことです。ご母堂は明治生まれの強い女性でありました。

「母はこんなことをよく言った。

『あなたも私のような歳になってごらんなさい。生きているだけでも大変なの

ですよ。長く付き合った体だから、自分のことはよくわかります。』

 母にはデータばかりを重視する若い医師のやり方がなじめないようだ。」

 当方の母は大正生まれでありまして、高野さんのご母堂のように立派ではあ

りませんが、気力と強い意志(それに運のよさ)で97歳の夏を迎えておりまし

た。

 北海道でも涼しいほうと言われる当地でも30度近い日が続きまして、気温の

上昇にあわせるように母の体温はあがり、薬を使って抑えるという日が10日ほ

ども続いていて、薬も効かなくなったところで、休日ではありますが、病院で

みてもらうことになりました。

 この時期でありますので発熱というだけで、休日当番医はみてくれず、逆に

コロナ患者を受け入れている中核病院が受け入れてくれることになりました。

検査の結果は、消化器にトラブルでその炎症による熱発ではないかということ

で入院となりです。

 母の場合は、本日は39度台まであがっていたということですから、休日で

あっても受け入れしてくれるところがあってラッキーでありました。そういえ

ば、母は運の強い人でありますので、ラッキーなことが重なっても不思議では

ないのであります。

これは快挙ですね

 今月の文庫本新刊で一番の話題となるであろうものは、新潮文庫「姫君を

喰う話」でありますね。著者は宇能鴻一郎さんであります。

 坪内祐三さんの「文庫本を狙え!」が続いておりましたら、間違いなく取り

上げられましたでしょう。

 宇能鴻一郎さんは、その昔は大ベストセラー作家でありましたが、若い頃に

芥川賞を受けられて、相当に期待されたはずですが、その後の歩みはそうし

た期待を裏切るようなものであったようです。

 当時でありますから、ほとんど転向作家(といっても戦前左翼だった人が

右翼に転じるというのではなく)のような形で、学究肌の純文学作家がエロ小

説作家に成り下がってしまったという受け止められていました。

 80年頃には、ほとんど純文学が好きという人は、誰も宇能さんのことを話題

としなくなっていて、彼も昔はこうではなかったというように芥川賞を受けた

作品だけがとんでもない高値で取引されていました。

 その代表作は中公文庫に収録されているのだそうですが、当方はその時は確保

することができておりませんでした。この年になってやっとこさで、宇能さんの

作品を読むことができるようになって、これを快挙といわずになんと言おうです。

 中公文庫では代表作「鯨神」が書名となっていますが、今回の新潮文庫は「姫

君を喰う話」という作品のほうを書名にして、これまでと差別化しています。 

  宇能さんの小説は、もうすこし早くに読んでいても不思議ではなかったのです

が、これまでこの場では平松洋子さんの「野蛮な読書」を読んだ時に話題として

おりました。

 この新潮文庫の解説は篠田節子さんでありまして、男たちは宇能さんの官能小

説にぞっこんとなっているときに、女性の読み巧者たちは、宇能さんの作品を

きちんと評価できていたことになりです。

 こういうことがわかるようになるまで、ずいぶんと時間がかかることでありま

すね。

vzf12576.hatenablog.com

気になる本をチェック

 先日に新聞広告をみましたら、雑誌の小特集に「平野甲賀」とありました。

これは立ち見をしなくてはであります。内容とページ数によっては購入も考えるの

ですが、「藝術新潮」でありますので、値段そこそこで、置き場所にも困りますの

で、まずはのぞいてみてからです。

 この小特集に寄稿しているのは津野海太郎さん、黒川創さんともう一方、平野

さんの最近の仕事ぶりについての写真などがありました。そういえば、平野さん

が亡くなって、追悼特集のようなものを見たのは、これが初めてかと思ったので

すが、この雑誌を買うことは断念です。

  次に図書館へといったときも、ゆっくりと眺めてみることでがまんです。

 立ち見だけで終わらせるのは申し訳ないからといって購入したのは、次のもの

でありました。 

  新書は売れないといわれているのですが、新書を出す出版社は増えている

ようです。いつからか河出も新書を出し始めました。当方がこの河出新書を購入

したのは初めてであるようです。そういえば、ずいぶんと昔の河出書房からも

河出新書がでていたのですが、それとは別のシリーズと考えたほうがいいので

しょう。古い河出新書は何冊持っていたろうか。

 原武史さんが「毎日ひとつ366人の言葉からこの国を考える」とありまし

て、どのような人の言葉をひいて、どのようなコメントをつけているかが見も

のであります。

 ちなみに本日7月30日にひかれているのは、石橋湛山の言葉でありました。

この言葉は、1921年7月30日付の「東洋経済新報」社説の一節だそうです。

その日付に発せられた言葉を、今の日本によみがえさせるという試みになりま

すが、石橋さんのはちょうど100年前のものでありますか。