本日の新聞読書欄に

 このところ、週末の新聞の読書欄は三紙、目にしているのですが、

これはと思うものが、何週かにわたって続いたようです。土曜日の

朝は新聞を見るのを楽しみにしているのに、空振りになるのはつらい

ことです。

 さて、本日はどうだろうかと思って朝に起き出して配達された新聞を

手にして開いてみましたら、一番大きくスペースが取られているところ

に、「制度・流行になびかぬ在野の系譜」という見出しがありまして、

次の2冊があがっていました。

「勤労青年」の教養文化史 (岩波新書)

「勤労青年」の教養文化史 (岩波新書)

  • 作者:福間 良明
  • 発売日: 2020/04/18
  • メディア: 新書
 

  もう一冊は、編集グループSURE「自前のメディアをもとめて」で

田村紀雄さんのものとなりです。

 この2冊をあわせて取り上げているのは、生井英考さんとなります。

この書評の書き出しは、「『在野』ということばが、誇らしく、輝いて

見える時代があった。」であり、最後のくだりが「見出し」につかわれ

ていることになります。

 在野ということからは、もともとは官立大学などに所属していないと

いうことだったのでしょうが、いまでは大学とかに所属していないことを

さすのでしょう。

 学歴とか大人の事情で、大学に職を得ることができずに予備校教師など

をしながら研究を続けている人が、当方が思う在野のイメージです。

うんと昔であれば、牧野富太郎とか熊楠、湖南なんて人が思いつくのです

が、この本で話題となっているのは、もっと身近な話となりです。

 当方などは、この「在野」に「アマチュア精神」とふりがなをふりたく

思います。

 生井英考さんの結語を引用です。

「『在野』が輝いて見えたあのころ(70年代)は、『野』が圧迫され、

社会の管理が進む時代だったのだ。

 その流れに抗し、易易と制度にも流行にもなびかなかった在野の知性の

系譜を、いま私たちは絶やしてはなるまい。」

 その昔にときの総理は、曲学阿世の徒と学者さんを非難しましたが、

いまや曲学阿世の徒は、大きな顔をして政府の審議会メンバーになったり、

国会で参考人となっています。ほんととほほな時代となりました。

道具屋さんの本

 図書館から借りた土田道具店三代目 土田昇さんの「刃物たるべく」を読み

ついでいます。

刃物たるべく――職人の昭和

刃物たるべく――職人の昭和

  • 作者:土田 昇
  • 発売日: 2020/04/13
  • メディア: 単行本
 

  職人さんの芸談の趣がありですが、土田さんは道具店のご主人でありますが、

自らも鋸の目立職人でありますので、まだ若い職人さんが自分の先代、先々代

の時代の職人さんの仕事ぶりを伝えることになっています。

 どのような読者を想定しているのかなと思いますが、思ったよりもずっと歯ご

たえがあって読みにくいのでありますよ。思わず、もっと平易に書いてねとこぼ

しをいれたくなること。

 この本ではどのようにして家業を継ぐことになったのかはわかりませんが、こ

の本には、次のように書かれています。

「鋸や鉋やのみがあふれかえる大工道具屋に生まれながら、それらの詳細などま

るで知らないまま、はじめて切出小刀を研いでみたのは、高校卒業後、家業を継

ぐことになって少したった十九歳のときでした。・・・・

 高校はかろうじて卒業したものの、受験勉強なるものをまったくした覚えがな

く、将来への希望も展望もまるで形になっていませんでした。学歴を得て社会に

出るというシステムからスピンアウトしていました。逃げ込む先は、図書館、映

画館そして目的のない徘徊でした。不安な心情をかかえて、手には何も持たず、

何もふれずに過ごしていました。」

 道具をめぐる話の間に、このような自分の話や家族介護の話がまじっています。

まあこれが必要かどうかですが、土田さんは、どうしてもこれも書いて置きたかっ

たのでありましょう。

 土田昇さんは、ここ何年か「みすず読書アンケート」にも登場するのですが、

今年2月の号で土田さんがあげているなかには、次のような本がありです。

・「ラ・カテドラルでの対話」 バルガス=リョサ 岩波文庫

 これへのコメントには、「かって高校生の頃たてつづけに観たボリビア映画が

エイゼンシュテインの『メキシコ万歳』よりずっと魅力的に思えた体験」とあり

ました。

・「意識と本質」 井筒俊彦 岩波文庫

 この本は「将棋の駒製作職人が貸してくださった本」とありました。

 それにしても、このような本をあげるとは普通の道具屋さんではないですね。 

絶滅危惧または最後の

 NHKの番組宣伝を見ていましたら草彅剛さんが進行する番組で「最後の」

というのがスタートするとありました。

 番組のホームページには、次のようにあります。

「昭和・平成の時代に、私たちの日常にありふれていた『当たり前のモノ』

が、令和のいま、絶滅の危機に瀕している──

日本で、世界で、唯一その工場でしか作れない『製品』、その職人にのみ

受け継がれた「技術」、地域で愛され続けた『味』──。」

 明治までは普通にあったものが、昭和に消えたというものも多いでしょう

が、それはおいておくとして、当方が子どもの頃には、めずらしくなかった

ものが、いまでは地域から姿を消していて、日本でも姿を消しつつあると

いうことに気がつく、今日このごろであります。

 たとえば、当方の子どもの頃は運搬というと農村ではトラックよりも馬を

利用してというのが一般的でありまして、農家さんには必ず馬が飼われてい

ましたので、その関連の産業というのが普通にありました。今でいうと、

トラックの販売店、修理店、周辺機器の販売というのが普通にあるように、

馬についてもそのようなお店がありました。馬具やさん、蹄鉄やさん、それ

に馬車の修理をするようなお店。

 北海道の日高にかけては競走馬の生産が盛んですので、その関連の馬具は

売られていますが、その昔の農耕馬向けのものとはちょっと雰囲気が違い

ます。蹄鉄やさんというのも農村には必ずありました。

 このようなことを思ったのは、図書館から借りている「刃物たるべく」を

読んでいるからであります。この本のサブタイトルは「職人の昭和」であり

ます。

刃物たるべく――職人の昭和

刃物たるべく――職人の昭和

  • 作者:土田 昇
  • 発売日: 2020/04/13
  • メディア: 単行本
 

  著者は、三軒茶屋の道具屋「土田刃物店」三代目当主です。昭和の名人た

ちが作った道具を、それを使うにふさわしい職人たちに引き継いでいくこと

を生業にしているのですが、現在ではそんな道具を必要とする職人が少なく

なっていることが、この本からはうかがえます。

 それ以上に、道具に関わる職人さんの仕事ぶりに変化があることも思い

知らされます。

 ということで、その代表的な仕事としてあげられているのは、のこぎりの

目立てのことです。

「のみや鉋と違って、鋸の再研磨は使用者自身がやるものではないという

のが一般的で、目立屋に頼る方法が古くからの常識でした。当方も祖父の

時代から目立をしながら道具屋を経営してゆく形態でした。またその形態の

商店には元鋸鍛冶という経歴の者がたくさんいました。

 明治以降、木工刃物、大工道具の生産を、産地化してゆき新潟の三条市

与板町、脇野町にまかせてゆく首都の鋸鍛冶達は仕事を失ってゆきます。

徳川末期から明治中頃までは日本で最も優秀な鋸製作技術を持つ、いわゆる

名工がひしめいていた首都も、生産に専念し近代化していった産地に淘汰

されてゆきます。

 安価で充分使用に耐えるものが大量に生産されるシステムに、名工の技術

は対峙すべくもなかったのです。そして有する技術のうち、鋸を目立する

技術を生かして、人口の多い地で、目立仕事も請け負う大工道具屋となって

いったのでしょう。」

 電動工具が入る前は、すべて手作業でありました。当方の住む町にも

営林署があって、材木切り出しなどをする業者さんがいましたので、その

昔はまちなかに鋸目立という看板をあげていた店がありました。いつの間に

かその看板を見かけなくなっていますので、今市内では鋸目立という職人

さんはいなくなっているのかな。

次はこれを借りてみよう

 本日に講談社からでている「本」を見ていましたら、そこに笙野頼子さん

の文章がありました。

 ふだんほとんど手にすることのない「本」でありますが、講談社のページ

を見ましたら定期購読サービは終了しましたとありましたが、雑誌の刊行は

継続しているのでしょうかね。

 当方が本日に手にした「本」というのは、いったい何月号であったので

しょう。笙野さんの文章は、2020年6月刊行の本についてのものであります

ので、最新号なのでしょうか。

 その号で言及していましたのは、次の本となります。

会いに行って 静流藤娘紀行

会いに行って 静流藤娘紀行

 

 「静流藤娘紀行」とあるのを見たら、これは藤枝静男さんに関連するものと

わかりますね。かなりきびしい調子でつっこみを入れる笙野さんが「師匠」と

私淑する藤枝さんについての本でありまして、これは面白そうであります。

 講談社のこの本を紹介するページには、冒頭の数ページを立ち見できるとこ

がありまして、そこをのぞいてみることにしました。

 笙野さんのものは、決して読みやすくないのですが、これは図書館にはいっ

たら借りて読んでみようと思いました。図書館新着資料で確認したら、すでに

はいっていまして、借り出しされていました。しばし待つことにいたしましょ

う。

 それにしても、藤枝静男さんは亡くなって三十年近くもなるというのに、

このような本がでるとは、作家冥利につきることです。

花にもそっぽを

 ここ何日か雨模様の日が続いています。雨量はそうでもないのですが、

毎日どこかの時間で雨となり、まったくお日さんは顔をだしません。

 せっかくのバラ週間でありますのに、これはまったく残念なことです。

さすがにバラも嫌気をさしたか、写真をとりますとそっぽを向いて顔を

見せてくれません。こればっかしはどうにもならずです。次の週末には

お日さんがでそうですが、雨に打たれた花はだめになってしまっている

ことでしょう。

f:id:vzf12576:20200630062540j:plain

f:id:vzf12576:20200630181603j:plain

f:id:vzf12576:20200630062251j:plain

 雨のためにすっかり花が重たくなっています。このくらいの水滴であっても、

首の細い花にとっては苦痛なのでありましょう。助けるために、太い支柱を

使って起こすことにするのですが、これが棘のために一苦労となりです。革製

のグローブを嵌めてやるのですが、紐を結ぶ時にグローブを外さなくてはいけ

なくて、そのときに指を負傷したりで、なかなか厳しいことです。

 夜になってから、先日にブックオフで購入した鎌田慧さんの「日本列島を往く」

から「小笠原諸島」についてのくだりを読むことになりです。

日本列島を往く〈1〉国境の島々 (岩波現代文庫―社会)
 

  国内でたどりつくのに一番時間がかかるのは小笠原諸島であるようで、これ

は今も変わらないようです。

 小笠原諸島が日本に返還されたのは、1968年6月26日で沖縄返還

四年前とのことです。当方は、そのとき高校生でありましたが、かすかに記憶

に残っているくらいで、それがどのような島々であるのかについてはわかって

おりませんでした。

 いつであったか当時の都知事さんが小笠原諸島へ出張しているときに、身内

に病人がでて、帰京するのに自衛隊飛行艇かを要請したというニュースが

話題になって、小笠原には船でしか行けないのかとわかりました。

その後、なんとか空港ができないかとなったようですが、結局は実現せずと

なって、島々は世界自然遺産に登録になっていますので、これからも飛行機で

はいけないところとなるようです(飛行艇は別ですが)。

 先日にNHKの番組で「小笠原父島」を取り上げていて、その番組で江戸時代

に、この島を拓いた人の子孫が、今も住み続けていることを知りました。

 小笠原諸島が、当方にとって一番身近になったのは、今から30年近くも

まえでしょうか、子どもたちの通っている中学校の教師が、東京都の教員採用

試験に合格して、その任地が小笠原と聞いたときであります。小笠原勤務の

希望者がいないので採用になったのかどうか、事情はわかりませんが、あの人

は小笠原で教員として務まったのだろうかと、話題にしたことであります。

草取りにはじまり

 本日もあいにくと言ってもいいくらいのお天気でありましたが、まだ

すこし小雨を感じる朝8時すぎにエイヤッと支度をして庭にでることに

なりです。

 本日の最大の仕事は草取りでありますが、ほんと庭の手入れは草取り

にはじまり草取りに終わるであります。当方のところなどは、すこしく

らい雑草があっても気にならないつくりでありますが、それでも家の周り

の草取りもあわせますと、本日の6時間ほどのほとんどを四つん這いに

なって草取りをしていたようなことになりです。この作業で合わせて

指定ゴミ袋50リットル分ほどを排出することになりです。

(ゴミにして出さなくとも、コンポストもあるのですが、こちらは上ま

でびっしりなものですから、利用できずでした。)

 そのあと、買ってきた花苗を地植えしたり、鉢に植え、昨日にいただい

たバラの花を挿し木にして、作業終了でありました。このところの雨の

ために地面は濡れていて、四つん這いでの作業でしたから、どろどろに

なっていて、いかにも仕事をしていましたという感じになったこと。

 作業を終えて家にはいったら、しばらくはくたびれで何もしたくなし

でありました。そんなところに郵便屋さんが岩波「図書」と朝日新聞

出版「一冊の本」を届けてくれました。

 「一冊の本」には整理収納アドバイザーという肩書の古堅さんという

方の自書紹介の文章がありです。

 ( このところアマゾンのリンクはKindle版が多いですね。当方は本の形

 になっているほうを紹介したいのでありますが、Kindle版のほうが品切れ

 心配がなくてよろしいということでしょうか。)

 古堅さんの文章から引用です。

「今まで5000軒近いお宅の片付けを手伝ってきてつくづく感じるのは、片づ

けられない最大の理由は『モノが捨てられないこと』でした。

『いつか片付けよう』と思いながら、後回しにしている人がたくさんいます。

みな、片付けが大変で、面倒くさくて、できればやりたくないからです。

 では、どうしたら片付けを前向きに取り組めるのか。」

 ということで、古堅さんが見出した「新しい片づけの方法」についてです。

 1 モノは捨てなくていい

 2 モノは寄せる

 3 ”更地”をつくる

 もともと整理整頓ができている人は、読む必要はないのですが、片づけと

いえば断捨離で、まずは捨てるものを仕分けということに抵抗を感じている

人には、捨てなくていいといわれると、これならできるかもと思わせること

です。

明日は庭仕事

 当方のバラ週間が続いておりますので、本日はバラ苗をたくさん扱って

いる大きな園芸店をのぞいてから、知人宅のバラを見物することになり

です。

 園芸店はハンバーグ料理で有名なチェーン店をやっておられるオーナー

さんが開設した庭園に付属するもの。こちらにはバラ苗の種類が多くて

この時期は花をつけているものですから、実物カタログを見るような楽し

さす。小さなお店ではほとんど見かけることのないオールドローズなども

あって、目の保養となりました。

 たぶん、この時期までにバラ苗を買われる方が一番多いのでしょうか

ら、あんなにたくさんの在庫があったら、どこかでセールをして在庫を

減らすのかなと思ったりです。(ちょっと値段が高いので3割引くらい

では手が出ないな。)

 そのあとは知人宅に行ったのですが、こちらは英国産出のバラを中心

にこじんまりとして、色合わせが美しい庭になっています。当方は花を

見せていただいてから、花が終わりかけている枝を分けてもらうことが

一番の目的でありまして、まったくどうしようもないことで。

 当方のところにある英国産出のバラのほとんどが、こちらの庭に咲い

ているバラの枝をいただいて、挿し木として育てたものです。

こちらのオーナーさんは、花の色と形には関心があるのですが、花の

名前には無頓着でありまして、当方は花を分けてもらうときに、これは

なんという名のお花と聞いても、名前は知らないとの回答です。

あらま、これは残念。

 昨年までは、花名のタグが付いているものの枝を分けてもらったの

ですが、今年は、いよいよタグ無しのものをいただくことになりです。

持参した器に水をはって、それに花がついた枝を切ってから器に入れ、

それごとバケツに入れて、持ち帰ることになりです。

 戻ってから、再度写真をとって、じっくりと花をチェックします。

f:id:vzf12576:20200628180134j:plain

挿し木用の花たち

 四種類の花であります。黄色系、ピンク系、橙系と白系です。

 これをデビッド・オースティンさんのところで出している製品

カタログと照合作業を行います。さて、この黄色は、橙は、ピンクは

なんという花でありましょう。

 似たような感じの花は、ほんとうに多くて、自信はないものの、

なんとか名前をあてはめてみました。挿し木でうまくつくのか、花を

つけるのは2年もあとのことですから、その時にもう一度花の名前を

確認することになります。 

 名前のない花なんてないのですが、花の名前を特定するというのも

大変なことでありまして、今回の場合は英国のデビッド・オースティン

さんが作出したものとわかっていますので、かなり対象範囲は絞れて

いるのですが、そんなこともわかっていないと、特定は困難を極める

ようです。

 ということで、明日の午前には挿し木とバラの植え替えなどを行う

ことになります。