フォースターを手に

 先日にブックオフで購入したフォースターの「民主主義に万歳二唱」を手に

しています。この本をかって所有していた人は、どのくらい読んでいたのであり

ましょう。

 有名な「私の信条」という文章のところは読まれたあとが残っておりました。

どうしてこのフォースターのことを知ったのかと思って加藤周一さんの文章を探

してみましたが、著作集2に収録されていまして、久しぶりにそれを読んでみる

ことになりです。「E.M.フォースターヒューマニズム」というのがその文章で、

初出は岩波「世界」1959年2月号でありました。

 せっかくフォースター関連の本をひっぱりだしてきましたので、それをパチリ

です。(たぶん、このほかにも小説があるはずですが、それはまたの機会に)

f:id:vzf12576:20211026210358j:plain

 本の帯には「個人主義リベラリズム」とありますが、それに加藤周一さんが

いうところの「ヒューマニズム」というのを加えたら、フォースターというか、

当方などが仰ぎ見たヨーロッパ知識人像となるのでありましょう。

 近年はえらくこけにされている過去のヨーロッパ知識人のですが、本当にそう

なのか、ぞんざいに取り扱っていいのかなと思うことです。

 フォースターの本をパラパラとめくっていましたら、「二番目に偉大な本では

ないだろうか?」というエッセーが目にはいりました。

 書き出しは、次のようになります。

トルストイの『戦争と平和』が西欧文明が生み出したもっとも偉大な小説である

ことはたいていの人が認めるところだろう。二番目に偉大な小説はどれだろうか?

マルセル・プルーストの『失われた時を求めて』だと思う。」

 この文章は1943年に発表されたものとのことで、「失われた」が完結した

16年後のことです。プルーストの小説がトルストイに次いでというような評価

となったのは、いつ頃からのことであったのかわかりませんが、フォースターが

このように書いたのは、すくなくても英国の読者には影響を与えたのでしょう。

 この6ページくらいのプルースト論がとっても参考になることで、「とても

だらだらとしているように見える」小説の読み方を教えられることです。

プルーストに取り組むときは、忍耐強く聡明であることが大切だ。彼は愚かさ

にはまったく譲歩しない。作家のなかには譲歩する人がいるものだ。・・・

プルーストは譲歩しない。知性と感覚を絶えず目覚めさせておくことを彼は期待

するのだ。彼は個人主義者であり、病人であり、少しばかりスノッブであり、

退廃的な社交界の一人であり、社会改革にはなんの関心もなかった。

そんな男がヨーロッパで二番目に偉大な小説を書いたなどと言っていいものだろ

うか?私はあえてそう言いたいのだ。」

 なるほどなです。

久しぶりのブックオフで

 週末からお天気の良い日が続いていて、過ごしやすいことでした。この

ような日に庭仕事をしておけばよろしいのですが、まだ冬支度にはすこし早い

ことであり。

 ということで、お天気に誘われてフラフラと外出することになりました。

ここしばらく行くことのできていなかったブックオフへと足を運ぶことになり

ました。市内に二軒あるブックオフのうち、当方の住まいから近いほうに行っ

たのですが、ここは何ヶ月ぶりでしょうか。

 行ってみましたら、商品の配置が変わっていて、すこしとまどうことでした。

当方がいつもチェックしている文庫の均一棚が以前よりも縮小されたようにも

見えるのですが、これはレイアウトがかわったので、そのように感じるのであ

りましょうか。

 入ってすぐのところにある棚を見ていましたら、みすず書房からでている本

が透明な袋に入れられて二冊ならんでいました。いかにも特別感がありました

が、えいやっと手にとってみましたら、これが思いがけずにお安い値段であり

ました。この本は欲しいと思っていたのだよな、新刊では手がでなかったけど、

図書館から借りても、うまく読むことができずにいたけど、この値段であれば

買うしかないでしょう。

 どうしてこの本が気なるようになったかといえば、これは加藤周一さんの影響

でありますね。今は確認できていないのですが、「現代ヨーロッパの精神」で

知ったのでありましょう(ちがうかな)。

 E・M・フォースターといえば、英語の現代文で読まされるような作家さんで、

そんなこともあって、そそっかしい当方は、若い頃に、この「民主主義に万歳

二唱」をペリカン版で買ったりしておりました。もちろん、読むことはできずに

書棚の飾りとなっていました。

 この本がでたのは1994年でありまして、それから30年近くが経過して、

フォースターの作品はどれくらい流通しているのでありましょうね。

この「民主主義に万歳二唱」などは、それこそ平凡社ライブラリーにはいっても

いいようなものですけどね。

 

あまりに突然なことで

 コロナが流行したことによって、ウクレレを始める人が増えたのだそうです。

そういえば、世界でコロナが大流行しているときに、ウクレレ演奏で世界をつな

げるというTV番組がありまして、それをみましたら、この楽器をやってみたいと

思ったものです。

 結局、当方はウクレレを手にすることもなかったのでありますが、それを見て

いた家人が、公共施設で開催されるウクレレ講座を受講するということで、友人

と二人で通いはじめました。

 初回の受講は先生が用意したウクレレを借りたのですが、どうせであったら、

二回目(明日がその日)の前に初心者向けウクレレを買いましょうと、友人と

一緒に楽器店に足を運んでいました。

 手頃なウクレレを買ったのかなと思っていたところに、講座をやっている施設

から電話が家人にありまして、留守でかわりに承ると、ウクレレ講座の先生が、

急逝したことで、講座継続ができなくなりましたとのことでした。

 先週にはお元気でありましたので、突然に体調を崩されたのでありましょう。

今月末には、ご自分が主宰するサークルの発表会をするということで、張り切って

おられたとのことでしたので、その方を知らない当方でありましても、まったく

残念に思うことです。

 せっかくでありますので、当方もウクレレを手にしてみることにいたそうかな。

 本日に家人がウクレレと一緒に買ってきた教則本は、次のものでした。

 

ちょっと早まったかな

 本日の新聞は読書欄が掲載されていまして、そこには「SNS時代の文章指南」

ということで、斎藤美奈子さんが三冊の本をあげていました。

最近の文章読本は、なにを目的としているかといえば、「ズバリ『バズる』こと

である。『いいね!』の数やアクセス数や、PVを増やすための文章術だ」とあり

ました。

 もちろん当方も一応は、SNSを使わせてもらっているのでありますが、まった

く「バズる」には縁がないことでありまして、最近の文章読本でいわれているこ

ととは、真逆でありますね。

 そもそも件名をみても、なんのことを話題とするのかまるでわかりませんから

ね。当方のブログを「バズる」ようにするために、コンサルティングを受けたと

したら、どんなアドバイスをされるのかな。(もちろん、聞く耳はもたないのだ

けども)

 それはさてちょっと早まったかなというのは、先日に安価で購入したパソコンの

話であります。当方はWindowsパソコン(ディスクトップ)は1万円くらいを目安

としているのですが、そんな予算のなかでできるだけスペックの高いものを確保し

ております。

 今年にはいって確保したものは、そろそろWindows11がリリースされるという

ことでありましたので、このくらいであればWindows11に対応するだろうと目星

をつけて購入したものです。

 ここにきて、パソコンをたちあげてチェックしましたらWindows11には対応

していませんとでてくるではありませんか。検索をかけてみましたら、パソコンに

搭載されているCPUが第7世代以降というのが要件のようであります。当方のは

そのすこし前のもので、足切りにかかってしまいました。

 今回確保したのがCPUのスペックは高いのでありまして、これがだめということ

は、当方の持っているWindowsパソコンはすべてWindows11にはならないという

ことで、2025年でサポートは打ち切りですか。これはすこしさびしいですね。

裏技で現在のCPUでもアップデートは可能なようですが、一台くらいはこの裏技

を適用してみますか。

10月25日までか

 このところコロナに罹患する人が減って来ていることから、新聞などには旅行

の広告などが目につくようになっています。あちこちの飲食店も時間短縮でやっ

ていたのが、元にもどるようでもありますし、まだまだ油断はできないものの、

すこしずつワクチン接種とマスクをしていたら、行動制限はゆるくなるのであり

ましょうか。

 このところ関西からの便りは、ちょっと明るい話題が多くなりまして、うーむ

年内にでもいってみたいものと思うことです。(ちょっと年内には行けそうもな

いのではありますが。)

 一つは、昨日に京都であった内田光子のピアノコンサートをききにいってきたと

いう話でありました。昨年に予定されていたのがコロナのために延期となったもの

だそうですが、今回は東京と京都だけとかで、なかなか特別感のある公演です。

ちょうどショパンコンクールで日本の青年が第二位となって、これは内田光子さん

以来のことと話題になっていましたが、これからよほど精進しなくては、内田光子

さんのレベルに到達するのは、難しいことです。

 コンサートは席を間引きしてかと聞きましたら、席はすべて埋まっていてすこし

年齢層が高くて女性が多かったとの話でした。演奏はたいへん素晴らしいもので、

内田さんのCDで録音したものをたくさんきいてきたが、やはり実演が一番という

思いを強くしたとのことでした。

 もう一つは大阪話題でありますが、ずいぶんと前から工事が続いていた梅田の

阪神百貨店が新装開店したということで、足を運んだら古書フェアをやっていたと

写真を送ってくれました。

 阪神百貨店というと、地下のフードコートを思いだすことです。まったく気取り

がなくて、同じ梅田にあって、阪急と阪神はほんとカラーが違って面白いことで

あります。

 それにしても新装開店のフェアで古書をとりあげるというのは、これに集客力が

あるのでしょうかね。当方は、送ってもらった写真をながめて、これに足を運びた

いと思いましたが、フェアは10月25日までだそうです。

f:id:vzf12576:20211022200730j:plain

 

「山に生きる」

 図書館から借りている本に「山に生きる」というのがあります。このタイトル

には「失われてゆく山暮らし、山仕事の記録」と添えられていました。

 先日に話題とした名久井直子さんの本にあった製紙工場にも書かれていました

が、北海道は豊富な森林資源があることで各地に製紙工場ができました。

紙を作るために必要となるのは木材と水と電力でありまして、製紙業と山林は

セットでありました。

 明治から戦前くらいまでには林業は盛んでありまして、当方が住んでいた田舎

では戦後であっても山仕事に従事している人は大勢いましたです。山にはいって

木の切り出しの仕事をしている人、山のなかで炭焼きをしている人などですが、

家が炭焼きをしているという子どもが同級生にいましたが、学校からうんと遠く

に住んでいたこともあって、あまり学校に通ってきていなかったように思います。

 先日にお会いした方は、子どもの頃、電気のない山の中に住んでいて、家は炭

焼きの親方をしていたとのことでした。学校にあがるのにあわせて、市街地に移

り住んだとのことですが、これは今から半世紀ほど前の話であります。

ほとんど昭和の初めのような生活が東京オリンピックの頃まで続いていたことに

なります。

 どっこいそうした暮らしは、現在にも続いているのですよというのが「山に生き

る」の内容であります。

 若くて炭焼き親方に弟子入りした方は、やはり家族と一緒に山の中に住まって

いました。昔とくらべると軽トラックを使っていたり、自家発電などの設備があ

るのかもしれませんが、それでもここから子どもさんが学校に通うのは大変そう

です。

 この炭焼きさんの次には、馬を使っての搬送をやっておられる方が紹介されて

いまして、これも子どもの頃によく目にした光景でありました。あちこちに馬を

祀った神社がありますが、車のない時代は、馬が頼りでありましたからね。 

当たらずといえど

 本日の朝日新聞夕刊は、編集工房ノア 主人 涸沢純平さんが登場しての「編集

者をつくった本」の三回目でありました。

 一回目は「編集者がつくった本」ということで、ノアから刊行された山田稔さん

の「北園町九十三番地」があがっていました。二回目は編集者をつくった本という

ことで三島由紀夫金閣寺」があがりました。

 「金閣寺」は意外感がありましたが、これは小説の主人公が舞鶴の出身というこ

とで、涸沢さんにとっては、作品の力もですが、主人公の出身地が同じ舞鶴という

こともあってのとりあげでした。

 そうして、今回が三回目でありますが、今回は「編集者をつくった本」という

ことで足立巻一さん「虹滅記」(1982年 朝日新聞社)があがっていました。

涸沢さんはこの本が刊行となったときには、ミニ出版社を始めていますので、すで

に編集者となっていたのですが、もちろんこれは足立巻一さんという人物に大きな

影響を受けて編集者となったということで、「虹滅記」でなくともよかったのかも

しれませんが、足立さんには良い本がたくさんありますが、元版が朝日新聞社から

でたものは、これだけですから、そのようなこともすこしは影響しているか。

このようにして取り上げたことによって、この「虹滅記」がどこかで復刊すれば、

それが涸沢さんの希望であるのかもしれません。

 今回の涸沢さんの書き出しのところを引用です。

「敬愛する足立巻一(1985年没、享年72)の名著である。 

 足立さんは詩人でもあったが、やはり伝記作家である。だが歴史上の人物や他

者を題材にしたわけではない。一貫して自分とその周辺を書いた不思議な作家で

ある。・・・その到達点が、祖父・啓亭、父・菰川さらに『一族の数奇な運命を

辿』った本書である。」

 このように書いているからして、朝日新聞社からでているからではなくて、到達

点であるからですね。「虹滅記」の紹介には「朝日文庫・品切れ」とあります。

これを何よりも残念に思っているのは違いありません。

 さて、編集工房ノアからでているもののほか、品切れにならずに流通している

足立巻一さんの本は、どれだけあるのでしょう。

vzf12576.hatenablog.com