1時間かけて

 本日はちょっと離れた町まで、車で一時間かけてお見舞いにでかけまし

た。本日の道中には、途中にちょっと気になるブックオフとか、天然酵母

やっているパン屋さんなどがあって、それらに寄り道しながら、ちょっと気の

重くなる鍵のかかる病院までいくことになりです。

 まずはブックオフですが、この店では、ずいぶんと昔に野呂邦暢さんの本

を何冊か入手したことがあるという、当方にとっては忘れることのできない

店であります。(ちなみにその時に確保した野呂本は、「王国そして地図」

でありました。あの当時、この本は入手困難本であったのですよね。)

 わざわざ、このブックオフにくるというのは、ちょっと大変ですが、この近く

に来ましたら、立ち寄らないわけにはいきませんです。

 ということで、本日も予算ワンコインで棚をあさることになりです。

 なにかないかなと思っていたら、最初に目についたのは、次のものであ

りました。 

「食」の課外授業 (平凡社新書)

「食」の課外授業 (平凡社新書)

 

  西江さんの本は、ほとんど買っているはずですが、読んでいないものも

多くて、あれっこんな本があったかなであります。これの初版は2005年12月

とあります。2005年から06年にかけて購入した本を記したメモを確認するも、

そこには川崎彰彦さんの「ぼくの早稲田時代」などはあるのですが、この平凡

社新書は見当たらずです。本日買うことができてよかったかな。

 これ一冊ではさびしいなと思いつつ、格安棚を見ていましたら、おおこれは

うれしいというものがありです。

百歳までの読書術

百歳までの読書術

 

 津野海太郎さんの本も欠かさずに購入していたのですが、この本は「本の雑誌

に連載されたものをまとめたものであり、連載されているときに読んでいて、しかも

図書館から借りて読んだこともあり、手もとに本はありませんでした。

津野さんの本は、平野甲賀さんの装丁でありまして、平野さんの書き文字は、当方

の書架によくなじむのでありますね。

 津野さんは、この本の後に「最後の読書」を刊行していますが、これは人が借り

た本を、ちょっと借りて中をのぞいただけに終わっていて、これを図書館から借りて

みようと思っていたところに、津野さんの本でありました。しばらくは、津野さんの本

をそばに置いて、平野さんの書き文字をながめて暮らすことにいたしましょう。 

最後の読書

最後の読書

 

 

青空カラオケか

 図書館から借りてきた「動物園巡礼」の読みやすそうなところを、ひろい

読みしています。昨日に読んでいたのは、大阪市天王寺動物園でありま

すが、ここは「大阪の宿」(なんて水上龍太郎の小説みたいではないか。)

から歩いてもいけるところにあるものです。

 「動物園巡礼」の著者は地下鉄御堂筋線を利用して動物園前駅か環状

線 天王寺駅から動物園にいっているのですが、当方は谷町線を利用して

天王寺駅から向かうのでありました。

 天王寺公園といえば、動物園と美術館があるのですが、この二つがセット

になっているのは、大阪だけでなく、東京、京都もそうなのだそうです。

この本によると、「東京・京都・大阪三都揃って動物園と美術館がセットなの

には訳がある。」とあります。「いずれも明治時代の勧業博覧会に由来する。」

のだそうです。ちなみに大阪での内国勧業博覧会の開催は明治36年である

とのこと。そういうことなのですね。

 それで、天王寺駅から動物園に向かって歩いて行く時の、著者による記述

であります。

「かっては大阪市立美術館の脇を抜ける道にはカラオケ屋がいくつも露店を

出し、ボリュームをいっぱいに上げて、私的青空音楽会を連日繰り広げていた

ものだ。それがある時、カラオケ屋も客もいっせいに追い出された。いっしょに

周辺在住のホームレスも排除され、公園は有料化された。『フェルメールとそ

の時代』展(2000年開催)をきっかけに、彼らとの共存はもはや無理だという

ことになったと聞いた。」

 天王寺駅から動物園へといく時に、市立美術館経由とすると、カラオケ屋

さんがずっとつらなっていたのを思いだします。当方が最初にいったのは、ここ

にかかれている「フェルメールとその時代」展の時でありまして、その不思議な

景色に驚いたことがあります。

 あのカラオケ屋の、立ち退きをめぐって騒動になったですが、たしかに上品

ではありませんが、大阪らしいものでありましたね。

動物園巡礼

動物園巡礼

 

 

三角貿易かな

 図書館から借りた「ラム酒の歴史」というのを走り読みしておりました。

 当方は「ハバナクラブ」は、どうしてAmazonでは販売されていないかという   

ことがわかればよかったのですが、この本はそういうことを解説した本ではあり

ませんです。これについては、このように書かれているだけでした。

「1950年代、バカルディ社の社長を務めたペピン・ボッシュは何年もかけて

キューバ国外での生産力を増強した。メキシコにある施設は世界一の規模を

誇る蒸溜所だった。フィデル・カストロキューバを支配し、バカルディ社は一時

国営化されたが、同社はほとんど痛手を受けなかった。・・・バカルディ社は本部

プエルトリコに移し、一件の配達ミスもなくラム酒を販売しつづけた。絶えず

自社の財産を主張し、『ハバナクラブ』というラム酒を販売しつづけた。」

 もうすこしすとんとおちるように書いてくれればですが、これは原著がわかり

にくいのか、それとも翻訳がそうないのかです。

 キューバラム酒の生産を行っていたバカルディ社は、カリブ海エリアのあち

こちに蒸溜所を設けていたが、キューバ革命によって、キューバをさらなくては

ならなくなったが、キューバ時代のブランドである「ハバナクラブ」の商標はこちら

のものということで、キューバ国営(というか合弁)企業とトラブルになっていると

いうことですかな。

 この本を読んでへえーと思ったのは、アンドリューシスターズが歌って有名と

なった「ラムとコカ・コーラ」の歌詞についてでありますが、ここでは「売春の歌」

と記されているのですが、そうなんですか。歌詞が訳されているのですが、それ

をみてもぴんとこないことです。

 三角貿易というのは、この本のなかにあった言葉ですが、バミューダトライ

アングルではなく、ラム酒をめぐるトライアングルとなりです。とにかくラム酒は、

植民地経済のなかで、多くの外貨を稼いだということです。

糖蜜ニューイングランドに輸出されてラム酒になり、ラム酒が奴隷を買う

ためにアフリカに送られ、アフリカ人奴隷が糖蜜の原料サトウキビを栽培するた

めにカリブ海諸島や南アメリカに送られた。」

 ラム酒はアフリカ人奴隷にかわるという、悲惨な交換経済であります。 

ラム酒の歴史 (「食」の図書館)

ラム酒の歴史 (「食」の図書館)

 

 

朝のテレビを見ていたら

 この時期のテレビ番組は、年度かわりの番組改変準備期間のような感じで

ありまして、実験的な番組がはさみこまれます。これは当方が朝に見るともなし

につけているNHKBSの話でありまして、朝7時45分からの15分間のことにな

ります。

 たぶん、一年の半分以上はこの時間は「こころ旅」を放送しているのですが、

今年の春の放送は4月1日からですので、それまではあれこれとつなぐことに

なりです。

 先週は、始発列車を利用する人にインタビューする番組をやっていましたが、

これはほとんどテレビ東京の作品世界でありました。(そういえば、テレビ東京

いえば、「フルーツ宅配便」から「日本ボロ宿紀行」という作品を深夜時間帯に

放送していて、ほんとさすがであります。「フルーツ宅配便」は、コミックのドラマ

化であるようですが、先日に読んでいた辻原登さんの小説にもつながる話題

でありまして、こういう世界は確かにあるのだなと感じました。)

 そして今週は、「骨の髄まで歌います」というのをやっていまして、本日は動物

園で働く裏方さんにインタビューをして、それを歌に仕上げるのでありました。

本日は東武動物公園を訪ねるのですが、決して待遇は良くないのに、動物が

好きということで成り立っている世界のようでした。

 たまたま、昨日の図書館で「動物館巡礼」という本を借りてきておりました。

この本では、残念ながら「東武動物公園」へは行かないのでありますが、どちら

にしても、この本を手にしますと動物園へと足を運びたくなることです。

 この本は東大出版会の本でありまして、拙ブログで東大出版会の本を紹介

するのは初めてであるかな。

動物園巡礼

動物園巡礼

 

 

小説を読んでいたら

 相変わらずのスローペースで小説を読んでいます。もうとっくに読み終わって

いてもいいはずなのに、まったくとほほなことであります。

 そんな一冊、乙川優三郎さんの「二十五年後の読書」を読んでいましたら、主人

公の女性がハワイへの格安旅行にいくことになり、そのときに気分をかえて高級な

別なホテルのバーに足を踏み入れた時の話です。

「近くの高層ホテルのバーを覗くと、こちらはまったく都会の雰囲気であった。赤と

黒を基調にした家具と証明でゴージャスに見せる内装は間違えば銀座のクラブだ

が、なにより酒が違った。なんと百種類ものラムが並んでいるのだった。・・・さすが、

百種類もあると見かけないものがある。ラム酒の品評会ね、と響子も見入った。」

 ラム酒というのは百種類もあるのかと思ったのが、ここを読んだ時の感想で、そう

いえば、日本の焼酎だって芋なりそばなり、麦でもそれぞれで百くらいの醸造元が

あるだろうなと思ったりです。

 そんなことを思いながら、図書館で本の背表紙を見ていたら、次のタイトルが目

に入りました。

ラム酒の歴史 (「食」の図書館)

ラム酒の歴史 (「食」の図書館)

 

 こんな機会でもなければ、ラム酒についての本を読むこともないかと思い、借り

ることにしました。当方は、ラム酒と聞いてもサトウキビを原材料にするとか、

キューバやドミニカ、プエルトリコあたりで作られているくらいしか知らないのでし

た。

 当方のところはアルコールといえば料理酒くらいしかストックしていないのです

が、例外的にラム酒だけはレーズンを漬けるために、ほぼ切らすことなく在庫して

います。

 サトウキビから酒をつくるといえば、日本国内でも焼酎がつくられているのです

が、ラム酒とサトウキビ焼酎は、ほとんど姉妹みないなものでありますね。

まだまだ若い

 「本の雑誌」4月号が届いておりました。

本の雑誌430号2019年4月号

本の雑誌430号2019年4月号

 

  今回の特集は「昭和ミステリー秘宝館」というものでありますが、ミステリー系

のマニアは本当にすごくって、こういう人たちの存在を知りますと、当方もまだ

まだ精進足りないと思うのですね。すこしマニアックというのでは、ミステリ

ファンの中では生き残ることはできないと強く思うことです。

 今号の特集で取り上げられているマニアさんでは、個人誌「探偵随想」というの

を出し続けている秋田稔さんという方がほんとうにすごい。1935年生まれと

いいますから82歳になるのでしょうか。ミステリファン歴は70年を超えるのだ

そうですが、推理文壇では知らない人がいない存在なんだそうです。

 もちろん当方は今回初めて知ったのですが、こういう人がいるからミステリの世

界は豊かさを増すのでありますね。当方にはまったく真似もできないことですから、

尊敬することであります。

 「本の雑誌」の読者投稿欄「三角窓口」には、80歳以上の方がお二人掲載され

ていました。60代というのは、こうした先輩とくらべると、まだまだ若いことで、

この先にも楽しみがあるのだなと思いました。

春一番の花

 東京からは桜の花が満開との便りがきました。ソメイヨシノではなく寒桜と

のことですが、それでもずいぶんと早いことで。今年はいつもより花が早いと

思っていましたら、こちらの庭でも春一番の花、福寿草が開いていました。

一週間ほど前につぼみを確認したので、そろそろと思っていたところに雪と

なり、何日か雪ノ下でありましたので、雪がとけて姿を見せたときには、花びら

の何枚かが欠けておりました。それでも今年最初の花です。

f:id:vzf12576:20190317143928j:plain

 本日は日中一人でお留守番でありましたので、ここのところの懸案でありました

居間においてあるオーディオ装置のチェックであります。もう何年も前から

スピーカーの右チャンネルの音が出なくなっているのでした。最初はアンプの

ボリュームもがりっているし、そのせいかなと思っていて、高級アンプもこれまで

かと、いま風の安いものを買ってためしてみたのですが、それでもだめで、これは

いよいよ片方のスピーカーはあきらめなくてはと思い、とりあえず音はでなくても

インテリアとしては使えるので、音のでるほうを自分の正面に据えて、モノラルでも

いいかと左右を入れ替えて、音出しをしてみたら、ななんと普通に音がでることに

なりです。これまでの状況はなんであったのだろう。あやうくインテリアになりかけ

ていたスピーカー(わかる人にはわかるサンスイが箱を作り、JBLのユニットを

セットして売りだした人気商品。このグリルの細工が美しいのですね。)が、こんな

に簡単に復活するとはね。本日はうれしいの大音量で古い時代のジャズを聞くことに

しました。

f:id:vzf12576:20190317132231j:plain

 このスピーカーは45年も前のものですが、状態が良ければ、その当時と

ほとんど変わらないような値段で取引されているのですよね。しばらくは、

このままで使うことができるかな。

 このあとは、音楽を聞きながらの読書でありますが、まずは乙川さんの小説

を読むことになりです。ながら読みですが、楽しく読んでいました。

 女性の主人公の目を通して、小説論というか、作品論が展開されます。本日

読んでいたなかで、一番受けたのは、主人公の愛人(?)となる小説家が、その

助手であった若い女性が小説新人賞を受けたとのことを知ったときに、主人公が

もらすところとなりです。

「気になるのは三枝昴星の作品世界に似ていることと、ところどころに彼の表現

を感じることであった。師弟の作品が似通うのは仕方がないとしても、男と女の

視線の違いが見えてこないし、女流ならではの表現が少ないのもおかしい。

不意に現れる巧みな文章が却って不自然である。」

 ライターから書評家となっていく女性を主人公としているのですが、このとこ

ろは、すぐに作者に戻っていくことでありまして、覚悟がなくては、なかなか

このようには書くことができないことでありますね。

二十五年後の読書

二十五年後の読書