奈々福さんに続く

 昨日に話題にした津野海太郎さんの「追悼・小沢信男さん」(朝日新聞読書

欄に掲載)には、次のようなくだり(「東京骨灰紀行」に関して)がありです。

「2001年、七十四歳の小沢さんが親しい編集者とつれだって、地下に埋まる骨

灰を目じるしに、両国、日本橋、千住、築地、谷中、多磨、新宿、ふたたび

両国と、東京の地を歩きはじめ、まる八年かけて、この力作を書き下ろした。」

 この親しい編集者というのが、長嶋美穂子さんこと奈々福さんでありました。

「東京骨灰紀行」のあとがきで、小沢信男さんは、次のように書いています。

「長嶋さんには旧著『あの人と歩く東京(1993年)の編集いっさいを手掛けて

いただき、ほかにもなにかとお世話になり、文筆の仕事は、つくづく編集者と

の共同制作でありますなぁ。このたびも、全行程をまず長嶋さんにご同道いた

だきました。発端は平成13年(2001)でしたから、まるまる八年かけて八章を

書いた。」

 小沢信男ファンにとって、長嶋美穂子さんの存在は大きかったのであります

ね。そして長嶋さんというか奈々福さんにとっても小沢さんの存在は大きかっ

たと思うものです。そういえば、奈々福さんの小沢さん追悼は、どのようなも

のであったかなと、Twitterで再度確認をすることにです。

 3月7日に奈々福さんは上に引用したのにつづいて、7日にあと二回のツイート

をしていて、これが小沢さんへの追悼となっています。そのうち、どこかでまと

まった追悼文を発表してくださるかもしれません。

 ちょうど、小沢さんが亡くなった日に、奈々福さんは新著のあとがきを書いて

いらしたようで、先日に図書館から借りたその本のあとがきには「2021年 新暦

のひなまつりの日に」とありました。

 なんとも不思議な符合でありますこと。

  本日に玉川奈々福さんのTwitterを見ていましたら、澤田隆治さんがお亡くな

りになったとありました。なんとも惜しいことであります。

新聞見たよと連絡あり

 朝に起きてふとんのなかでメールを確認しましたら、早々に新聞見たよと

いう内容のものでありました。この新聞見たよというメールは、そのあとに

も何本かいただくことになりです。

 ありがたきかなでありますが、新聞で話題となっていますのは、もちろん

当方ではありませんで、当方が私淑しております小沢信男さんであります。

本日の朝日新聞読書欄に「追悼・小沢信男さん」ということで津野海太郎

さんが書いてくださりました。

 これはうれしいことで、この津野さんの文章は、ぜひとも皆さんに見て

いただきたいものです。

 ちなみにこの追悼文で津野さんがあげている小沢さんの代表的な作品は、

次の三冊でありました。(Amazonリンクをはろうとしましたら、うまく

いかずです。)

 「裸の大将一代記」 筑摩書房

 「東京骨灰紀行」  ちくま文庫

 「俳句世がたり」  岩波新書 

 津野さんがあげた三冊は、小沢さんの70代、80代、90代を代表するもの

でありまして、小沢さんが70代になってから目覚ましい活躍をされたという

ことが、この三冊からも知ることができます。

 マイナー好きな当方としては、そんな70代に入ってから力の入った書き

下ろしなどに挑戦しなくてもいいのにと思ったりですが、この仕事に関しては

筑摩書房の編集者松田哲夫さんと長島美穂子さん(いまは玉川奈々福さん)の

おかげであります。 

 「俳句世がたり」が岩波新書にはいったのは、津野海太郎さんの後押しが

あったからと聞きました。(残りの連載分については、どうなるのでありま

しょう。)

この津野さんの追悼文を見ますと、津野さんが人生の先輩を失った悲しさが伝

わってくることであります。90代の小沢さんが「みすず」に連載を持って文筆

活動を続けていらしたのは、津野さんの世代にも励ましとなっていたのであり

ますね。

 ということで、本日の朝日新聞読書欄の「追悼・小沢信男さん」を話題に

するのですが、ここで使われている写真には02年撮影とありました。

 そうか、あの記事は2002年に掲載のものであったかと、古い小沢さんが

取り上げられた記事をひっぱりだしてくることになりです。

 新聞をみましたら、掲載日は2002年3月3日(小沢さん命日となる3月3日)

となっていました。

 この時の読書欄には「本屋さんに行こう」という連載がありまして、それに

登場したものです。担当の記者は佐久間文子さん(もちろん文ちゃんと呼ばれ

ている女性)でした。

 でかけた本屋さんは当時できたばかりのアトレ上野に入っている明正堂書店

でありました。ここでのお買い上げは5冊で、11960円とありますが、当方がよ

ろこんだのは、次のくだりで買った本が紹介されているところです。

「つぎに、評論家斎藤美奈子さんの新刊『文章読本さん江」を探す。

『古いつきあいの読者のひとが、こないだ斎藤さんの『読者は踊る』をいま

読んでいるってメールで知らせてくれて。それで読んだら面白くってね。』」

 なんのことはなしで、「古いつきあいの読者のひと」というのは、当方の

ことでありまして、ほんと「読者としてのつきあい」だけは長いのでありま

した。

通り過ぎた人々

通り過ぎた人々

  • 作者:小沢 信男
  • 発売日: 2007/04/10
  • メディア: 単行本
 

 

 

またまた緊急事態かな

 本日からなのかな緊急事態ということで、またまた行動に制限がかかりそう

であります。とりあえずアナウンスがあったのは市営の公共施設は来週月曜日

から今月いっぱい休館しますとのことでした。

 当方が普段に利用している施設は図書館と体育施設のジムとなりますが、こ

のどちらもが、二週間ほど使えなくなりです。図書館の場合は本をまとめて借

りれば二週間は問題なく乗り切ることができますが、ジムのほうは、運動を貯

めることができませんので影響があることです。ちょうどジム通いを始めて

三ヶ月になりますが、この事態での中断はちょっと痛いのですが、なんとか

休館中は別の方法で体を動かさなくてはいけないことです。

 コロナ禍のなかでの生活はすでに一年をこえていますが、この一年で唯一の

収穫は、ほとんど理解できずに終わったものの「ヨーロッパ戦後史」のページを

めくっていたことですね。

 コロナがまだまだ続きそうでありますので、これから先を見据えて、すこし

長い小説のページをめくってやりましょうかと、ここ10年ほど寝かせてあった

岩波文庫版「失われた時を求めて」を手にすることになりました。

 先日も話題にしましたが、エレカシ宮本浩次さんが新聞のインタビューの

なかで「失われた時を求めて」を読了したと話をしているのを見て、そうか理解

などしようと思わずにページをひたすらめくればいいのかと、宮本方式での読み

をまねてみることになりです。

 岩波文庫版は全14巻でありますので、これから3年くらいかけて、後期高齢者

なるまえに最後にたどりつくようなペースでやってみましょう。

 年を重ねますと三年くらいあっという間であるのかもしれません。最後までた

どりついたら、この場で報告したいものですが、三年後のブログというのは、ど

のようになっていますでしょうね。

 

「本の雑誌」6月号から

 先日に「本の雑誌」6月号 456号が届きました。

 今回の特集は「P+D BOOKSは宝の山だ!」というものです。このタイトル

を見てそのとおりという人は、かなり恵まれた本屋さんとの付き合いができ

ていることですね。

 「P+D BOOKS」というのは、小学館からでているペーパーバックのシリー

ズなのですが、これをおいている町の本屋さんというのはめったにないはず

でありまして、どのようなものがでているのかは、これのホームページをみ

なくてはわからないことです。

 当方がこのシリーズで買わなくてならないというものは、あまりないので

すが、これまで付き合ったことのなかった作者さんのものとか、なじんだ作

者のものを他の人にすすめるときには、重宝なシリーズとなります。

 この特集では、P+D BOOKSの既刊リストがついていますので、これがあり

がたいことで、これをみましたら、何冊か買わなくてはと思いました。

(とにかく安いのがありがたいです。講談社文芸文庫とくらべると半額以下の

定価でありますからね。)

 現実に存在する「P+D BOOKS」にならって、同じような感覚でシリーズもの

を出すことができないかという提案をクラフト・エヴィング商會が同じ特集で

行っています。題して「夢の叢書 H+Z BOOKS」となり、H+Zというのは

本の雑誌」のことで、本の雑誌さん、このようなBOOKSを出しませんかと

いうことのようです。

 クラフト・エヴィング商會さんは、これのタイトルだけでなく装幀まで完成

させていて、あとは形になるだけでありますが、この書影をみますと、これが

実現すればいいなと、ほんと思うことです。

すでに存在する「P+D」と、これから期待の「H+Z」でありますが、後者が

実現すれば、相当に話題になりそうです。

「P+D BOOKS」編集長へのインタビューで、「読者層は年配の方が中心ですか」

という問いかけに、次のように答えています。

「そうですね。三、四十代の方はビジネス書を読んだり、資格を得たり、漫画

を読んだりで、文芸はあまり読まないだろうなと当初から思ってました。

かって読もうと思った、もしくは読んだけどもう一回読みたいなという方、あ

とは学生さんや十代、二十代の若い方という両極端の層を想定してやっています。

ただ、現状はまだまだ年配の方が多い。」

 ということで、年配の読者は、まだまだ必要とされているということがわかり

ました。クラフト・エヴィング商會さんの「夢の叢書 H+Z BOOKS」は、かな

り渋い目のラインナップですぞ。

 「H+Z」のほうは、新書判を想定ということですから、これはデザインは別に

すれば、その昔に朝日出版社からでていた新書シリーズを思い出しました。

ちょっと趣旨は違うけど、いかにもパルプ・マガジンふうでありました。

本の雑誌456号2021年6月号

本の雑誌456号2021年6月号

  • 発売日: 2021/05/12
  • メディア: 単行本(ソフトカバー)
 

 

おめでとうなのか

 あちこちの会社では役員人事が固まってきていることです。上場企業で

ありましたら、来月は株主総会でありますので、それにむけて態勢を整え

るということになりますね。

 コロナ禍でほとんどの企業は業績を落としていますので、こういう時に

トップが交代するというのは、後任として引き受けるのも大変なことです。

会社の役員人事は、基本的には新聞の経済欄に掲載となりますが、本日に

目についた人事は社会面にありました。見出しは次のようになりです。

 「岩波書店新社長に坂本氏」 見出しに続いての本文も引用です。

岩波書店の岡本厚社長(67)が退任し、取締役執行役員編集局部長

坂本政謙氏(56)が新社長に就任する人事が内定した。31日の株主総会

に開く取締役会で正式に決定する。就任は6月1日付。

 坂本氏は立教大学法学部を卒業後、1990年に入社。同社秘書室は『トッ

プの若返りを図る』としている。」

 これは驚きでありますね。岩波というひどく硬いイメージのある会社で

坂本さんは色物のような存在で、それが当方にとっては魅力でありました

し、それを応援していたのでありますが、その坂本さんにこれからの岩波を

託さなくてはいけないことになったということですね。

 当方が岩波の編集者 坂本政謙さんのことを知ったのは、光文社文庫

入った佐藤正午さんのエッセイ集を手にしてからであります。それから、

佐藤正午さんのものを読むようになり、坂本さんのことも気にするように

なりました。

 この場で、最初に話題にしたのは2009年のことでありまして、これによ

りますと坂本さんが佐藤正午さんと最初に仕事をしたのは2000年とありまし

た。

 岩波のかっての本流からしますと、坂本さんが最初に手掛けた佐藤さんの

本は「ギャンブルがテーマ」なのですから、相当に顰蹙をかったことであり

ましょう。

 20年前に大顰蹙であった編集者が、たぶんいろいろとあって、岩波の社長

になるというのですから、それだけ出版業界は大変なのでしょう。

 ますます好きな編集を担当する時間がなくなるようで、それはファンとして

は残念なことです。

岩波文庫的 月の満ち欠け

岩波文庫的 月の満ち欠け

 

 

 

 

ついつい長居することに

 このところ入厠読書は、川本三郎さんの「日本映画を歩く」(中公文庫)

であります。1998年に元版がでて、2006年に文庫化されています。

元々は雑誌「旅」に連載された紀行文でありまして、全部で映画13作品の

ロケ地を訪ねています。

 一つの作品に対して20ページ弱でありますし、川本さんですから面倒な

理屈をこねることもなく、とっても読みやすいことです。

まさに入厠読書には最適でありまして、読んでいましたら、楽しくてついつ

い長居をしてしまいそうです。とりあえず、一章を二日くらいかけて読むこ

とで、すこしでも長く楽しみが続くようにいたしましょう。

 先日に見ていたところに、次のようにあって驚きました。

 「ここに泉あり」という群馬交響楽団の活動を取り上げた昭和30年公開の

映画に関しての章にあったものです。

「最後に個人的なことを。私の義兄(次姉の夫)は地味な俳優をしている。

富田浩太郎という。昭和29年当時、劇団民藝に所属していた。そしてこの

名作『ここに泉あり』に端役(群響のチェロ奏者)で出演した。子どもながら、

うれしい出来事だった。それだけにいっそう、この映画と、それがロケされた

群馬県の山奥の村への想いはいまも強い。」

 驚いたのは富田浩太郎さんが義兄とあったところです。当方が子どもの頃

には富田浩太郎さんは子供向けのドラマに学校の先生役ででていたように

思います。地味というか、真面目な役が似合う人でありました。そのあとも

役者さんを続けていたようですが、その頃はあまり当方が見る番組にはでて

いなかったようです。

 なんとなく、川本三郎さんにふさわしい役者さんでありますこと。

 

どうすれば可能であるか

 コロナ禍は、どうやら新しいステージにはいっているようでありまして、

いっときはかなり落ち着いていたような罹患数は、また増加しているよう

であります。

 この状況下において、これから二ヶ月後に世界的なイベントを開催する

というのはどのようにすれば可能なのでありましょうね。よく言われること

でありますが、出来ないというのではなく、どうすればできるかを考える

ことが重要なのでしょうね。

 一番なのは日本国内に居住する選手のみで、ひっそりとやるのがいいので

はないでしょうか。参加したくとも移動するのに制限があるのですから、

どうしてもやらなくてはいけないとすると、それしかないのではないかな。

それを互隣と呼んだらどうだろうか。

 いったん走り出したいろんなプロジェクトは、それを止めるっていうのは、

相当に難しいようでありますね。今の場合にあっては、止めるという決断を

したほうが、理性的であるように思いますし、それの責任を追求するという

ことにはならないでしょうよ。

 きっと誰にも止めるという権限がないのでしょうね。過去の大戦の時にも

そうであったようですが、次から次と負けが続いて、非戦闘員も含めての

無差別殺害があって、それでも負けを認めようとしないのは、負けを認める

というか、白旗をあげるという権限が誰にもなかったということのようで

あります。もちろん仕組みとしてはそうではないのでありますが、実態は

権限のない人ばかりなのですね。今もたぶん、これに近くて責任をとらなく

てよい、権限のない人に、あれこれと質問をしたところで、それはムダと

いうものであります。

 そういえば、当方の住む町の近くでも7月に競技会が予定されています。

しばらくは不要不急の往来を見合わせてほしいとアナウンスがありです。

当方は、もう一年近くも足を運んでおりませんが、当方が見合わせたぐら

いでは、事情はまったく好転しないことであります。 

 競技会よりもふだんの生活が戻ってほしいこと、今年中には往来制限は

緩和されるのでありましょうか。