一ヶ所にまとめなくては

 先日に届いた新潮社「波」6月号は、「決定版 日本の喜劇人」刊行記念

特集ということでケラリーノ・サンドロヴィッチさんの文章と小林信彦さん

のインタビュー(決定版に収録されているものを抄出)が掲載となっていま

す。

 ケラさんのものを読んでびっくりすることになりです。そこには次のよう

にありでした。

「たしか小学校六年生の時だと思う。当時は中原弓彦名義で刊行されていた

小林信彦氏の初期の名著、『世界の喜劇人』『日本の喜劇人」を立て続けに

読んでしまったことが、私のその後の人生を決定づけてしまったと言っても

過言ではない。」

 ケラさんは1963年1月生まれですから、小学校六年生といえば1974年くらい

でしょうか。それにしても、こういう早熟な子どもさんというのはいるので

ありますね。田舎で育った当方には思いもつかない子どもであります。

そもそも中原弓彦さんの「日本の喜劇人」がある家というのは、どういう家庭

なのでありましょう。(ちなみにケラさんの父親はジャズ・ミュージシャンで

あったとのこと。)

 その小学生は中学にあがると、次のような行動にでます。

マルクス兄弟が晩年に共演したテレビ番組の8ミリフィルムを手に入れた

私は、知りたいことがあり、躊躇なく小林氏に往復ハガキで質問を送ったの

だった。当時は作家の住所なぞ中学生でもすぐに調べられた、面白がってく

れたのか、氏は、子供相手にも拘らず、万年筆書きの小さな文字で丁寧な説明

を返してくださった。最後に『本当に中学生ですか?あまりの詳しさに呆れま

した』とあった。『すべては貴方の著書から学んだ知識ですよ』と返したい気

持ちだったが、さすがに弁えた。」

 ケラさんの文章を読んで、あらためて小林信彦さんの著作をすこし一ヶ所に

まとめてみることにしようと思いました。小説はほとんど持っていなくて、

コラム集とエッセイはほとんどもっているはずですが、いったいどのくらい

あるものなのか、これくらいはちゃんと見えるようにまとめておかなくては

と思うことです。