かたはしから忘れる

 とにかく本を読んでもすぐに忘れてしまうのでありまして、じっくり読んで

も、ななめ読みしても、数日後に記憶に残る箇所は、そんなに変わらない

かもしれませんです。

 先日に「みすず」12月号 小沢信男さんの「賛々語々」には、辻征夫さん

の詩から、黒田杏子さんの俳句につながるくだりがありました。

「辻征夫詩集『ヴェルレーヌの余白に』を古本屋か図書館でみつけたら、

『これはいにしえの嘘のものがたりの』と題する詩を立ち読みしてみてく

ださい。」

 とありまして、そのあとで、この詩の部分を紹介するのですが、今月の締め

に置かれる句は、黒田杏子さんの次のものとなりです。

 「 立読みのうしろに冬の来てをりぬ  杏子 」

 昔の本屋さんですね。入口が引き戸になっていて、外におかれた平台に

週刊誌や月刊誌がおかれているようなところ。最近はとんとこのような本屋

さんを見かけることがなくなりました。(京都 三月書房さんは、そんな雰囲

気がありますね。) 

 こういう本屋さんの入口付近で、立見していたら、風が吹き込んできてけっ

こう寒く感じましたです。

 先日には、ビルにはいっている大書店で立見をすることになったのですが、

最近は、親切に椅子などが用意してありまして、一時間ほどゆっくりと中を

チェックすることができました。

 気になっていた小田光雄さんの「古本屋散策」です。これの続編「近代

出版史探索」は図書館に入っていて、走り読みできたのですが、鹿島茂さん

が今年のドゥマゴ 文学賞に選考したもので、毎日新聞書評欄でも鹿島さん

今年の一押しとなっているものです。

 これはありがたしで、目次をみながら興味のあるところを読んでいくことに

なりです。小田さんは同年生まれですので、ほぼ同じような年代に、同じよう

な読書体験をしていたりです。たとえばということで、具体例を記そうと思う

のでありますが、どのようなことが書かれていたのか、ほとんど忘れている

ことです。それでも、あちこちにそうだそうだと相槌をうつ箇所があったこと

は覚えています。おすすめの一冊で、どこか大きな書店で見かけたら、ゆっく

りと座って手に取ってみてください。

古本屋散策

古本屋散策

 

  もうひとつ立見したのは、「すばる」1月号にあった「私の偏愛書」という特集。

50人が偏愛の一冊をあげているのですが、おおっと強く印象に残ったのは、

武田砂鉄さんがあげているもの。

 武田さんは、ナンシー関さんの本を偏愛の一冊としてあげ、そのなかでもベスト

オブナンシーの書き出しとして、砂鉄さんと名前がかぶる金八役者さんについて

書いたナンシーさんの文章を紹介しています。

 これには当方も両手をあげて賛成でありまして、ひょっとして武田砂鉄さんと

は相性がいいのかもしれないぞと思ったことです。