ここだけみたらみすずかと

 新聞の書籍広告の話題であります。本日は昨日のようにとんでも本のこと

ではなくて、当方にすればとても大事な内容の本についてであります。

 今朝の朝刊の広告の一部を切り取ってみました。さてこれはどこの版元の

ものであるかな。

f:id:vzf12576:20191122180535j:plain

 当方の眼を惹きつけたのは、もちろんこの真ん中のものであります(このほかにも

興味あるもの多いのです)が、まずは本日はこの広告のことを話題にしましょう。

左に武田百合子対談集とあって、その下には刊行記念対談 金井姉妹のものを

見ますと、これはすごいな力が入っているなですが、この本からでもわかるように、

この広告は中央公論新社11月の新刊案内です。

 それにしても、この三つの部分だけを切り取っただけでも、それぞれがそれぞれの

本にあわせた書体と雰囲気をだしていて、好ましいことであります。

特に真ん中だけをみたら、これはみすず書房の広告かと思ってしまいますね。その

ようなスタイルを確立したみすず書房の編集責任者 小尾俊人さんへの敬意が

この広告からも伺えることで、こうしたものがみすず書房幻戯書房以外のところ

からでるというのが出版業界の大変さを感じることで、大きな売上を期待できない

出版はお互いに協力しあって、小尾さんの志をつないでいかなくてはというような

ことを感じさせるものです。

小尾俊人日誌 1965-1985 (単行本)

小尾俊人日誌 1965-1985 (単行本)

 

  小尾さんはこれまで何冊か本を刊行しているのですが、もともと自分について

語ることは少ない人でありますから、その人となりについては宮田昇さんの本に

詳しいことです。

小尾俊人の戦後――みすず書房出発の頃
 

  当方は、「小尾俊人の戦後」に付録として付けられている「1951年日記」と

いうのを眼にして、そこに若き日の長谷川四郎さんとの交流などが描かれて

いて、とっても印象に残っているのです。それは繰り返さないことにしますが、

このあとではどのようなことになったのかなと思っておりました。

vzf12576.hatenablog.com 前回、当方が眼にしたのは「1951年の日記」のみでありますが、今回の

ものでは1965年から85年の日誌とあります。日記ではなく作業日誌のよう

なものなのかと思いますが、それでもこの間に片山敏彦著作集とか長谷川

四郎さんの訳詩集や「中国服のブレヒト」などがでていますので、それらに

ついて、小尾さんがなにか書いていないかなと気になっているのです。

 本日手にしていた「小尾俊人の戦後」にやはり付録として収載されてい

る月刊「みすず」編集後記 1961年11月号からの一部引用です。

「文明を、文化遺産というごとき客観的事物としてでなく、自己の生きる原理

として、把握しなおし、主体的な能動的なものとして、現実にはたらくものに

したい。

 われわれの言論と出版、教育と政治の核心はここにあると思う。あまりに、

小児病的権力主義が、はびこりすぎる現代の日本を、この骨絡みの業病から

救わねばならぬ。」

 半世紀も昔に編集者が残した言葉であります。編集者が駄目になっている

というよりも、最近のリーダーといわれる人間たちがより駄目になっているの

だなと思いながら、小尾さんが残した仕事をフォローすることになりです。