そろそろ箱は閉まるか

 本日は参議院議員選挙の日であります。今回も投票率は相当に低いよう

であります。投票してもしなくても、世の中には期待していないからななんて

ことをいうことなしにしましょう。とはいってもあと締め切りまで5分くらいで

ありますので、これからだと投票に間に合わないか。信頼していたのに、

裏切られたとか、だまされたなんてこと言わないように。

 図書館から借りている本の何冊かは先週末が返却期限でありましたが、

休み明けまで勝手に延期して、あわてて読むことに。

 まずは「ホスピス病棟の夏」川村湊さんであります。 

ホスピス病棟の夏

ホスピス病棟の夏

 

  二部構成で、前半は奥様が聖路加病院ホスピスで亡くなるまでで、後半は

おひとりさまとなった川村さんが、奥様を失った淋しさと、そして自らの病の受け

入れとなります。

 結局、慢性腎臓病から人工透析となり、それを機に北海道に移って、お一人

暮らしの妹さんのところに身を寄せてからの日々が綴られています。

 奥様が健在の頃は、千葉の我孫子市で暮らしていましたが、ここから病院へ

と通うのが難しくなり、病院近くにアパートを借りて、半年ほど過ごしたところで、

入院となり、あっという間に亡くなったとあります。

 奥様が亡くなった時には、川村さんは精神的にも肉体的にも、そうとうに病んで

いて、とっても奥様と一緒に暮らしたところに戻って、一人でいることには耐えられ

ないということから、北海道札幌で暮らすことになったとのことです。

 お一人さまとなってからのことを、次のように書いています。

「自分がそうした身の上になったからか、妻に先立たれた夫の書いた本が目に

付くようになった。川本三郎の『いまも、君を想う』がそうだし、江藤淳の『妻と私』

西部邁『妻と僕』、城山三郎『そうか君はもういないのか』、徳岡孝夫『妻の肖像』

永田和宏『歌に私は泣くだらうな』などだ。」

 同じ境遇にならなければ、あまり読むこともない著作家のものでも、こうした縁で

読むということがあるということがわかります。上に続けて、「読んだあとの索漠たる

孤独感は、やはり同じ境遇の人にしかわからないものだろう。」とありました。

 できれば、縁がナシで終わりたいものです。

 もう一つ後半で目をひいたのは、川村さんの蔵書についてであります。

「3・11の大震災で、自宅の敷地に建てた二十畳敷の書庫は惨憺たる有様となった。

壁に作りつけた書棚は、何とか大丈夫だったが、スチール製の本棚は、ドミノ倒しと

なって倒れ、並べていた本が全部飛び出して、”書籍流”となっていたのだ。

倒れたスチール本棚は、歪み、ねじれ、本の山の中に埋もれている。・・・・

3・11後、五年が経っても、六年がたっても本の山はそのままだった。」

 この書庫にあった何万冊かの本をどのように整理・処分するのでありましょう。

埋もれている本を片付けなくては、資料として活用することができませんし、

体調がよろしくない現状では片付けもできないしということで、これは資料を活用

しての仕事を継続するのは困難となります。

 それにしても、2011年の大震災、2015年には奥様の病気が見つかるのです

からして、川村さんの60代は、ひどく大変なものとなりました。